「うんちしたのはだれよ!」擬音がリアルな、うんちの絵本紹介!

シェアする

うんち したのは だれよ! 表紙

スポンサーリンク

うんち絵本

Copyright © いらすとや

「ねえきみ、ぼくのあたまにうんちおとさなかった?」頭にうんちを落とされたモグラくんが、犯人を探しをしていきます。

馬、ゾウ、色んな動物に「ねえきみ、ぼくのあたまにうんちおとさなかった?」と聞いていきます。このうんちは誰のかな?

読んでるこっちも探偵気分

うんち したのは だれよ! 1

「ちがうよ、ぼくじゃないよ。ぼくだったら こうするさ!」ウサギは こたえました。

動物それぞれのウンチを確かめていくストーリーになっているので、ゾウさんのウンチってこうなんだ!

そういう発見もあり、犯人は誰なんだろう、この動物のウンチってどんなだっけ?そんな探偵の気持ちにもなって楽しいです。

パターン化されているので、リズムが良く子供にも分かりやすいです。探偵モグラ・ホームズになりきって、ウンチの犯人を子供と一緒に探し出しましょう!

モグラと動物たちのやりとりに注目

頭にうんちを乗せたまま、怒っているモグラくん。無罪を証明するために目の前で、ウンチをする動物たちの行動がおもしろい!!

擬音表現が豊富でリアル!

猫砂の上で踏ん張る猫

Copyright © いらすとや

「ピシャッ!」「ボトンボトン!」「ピュルッ!」色んな音で表現がされていて、子供もハマってしまいます。

日本人でも、思いつかない擬音を使っているので、驚かされる表現です。

ウンチの勉強におすすめ。

動物のウンチの色や形を勉強することができる。なので、子供にウンチを身近に感じてトイレがうまくできるようになるかもしれません。

排泄することに興味を持ってもらうのに、最適な絵本です。

注意)こういう、排泄系のイラストや擬音が苦手な方にはきついかもしれません。

上記の見開きで、自分に合うかどうか確認してください。

著者紹介 ドイツ人作家

ヴェルナー・ホルツヴァルト

引用 http://www4.fnac.com

作 ヴェルナー・ホルツヴァルト

ドイツの絵本作家。原著は青い色でカバーされているのが、おもしろいです。

www4.fnac.com

ヴォルフ・エールブルッフ

引用 http://www.peter-hammer-verlag.de

絵 ヴォルフ・エールブルッフ

ドイツのイラストレーター。

 

Powered by amaprop.net

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。 誰かの心に響く絵本が好きです。 癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す