「じゃあじゃあびりびり」 著:まつい のりこ 【あかちゃん絵本紹介】

シェアする

じゃあじゃあびりびり 表紙

スポンサーリンク

五感を刺激してくれる

Copyright © いらすとや

音とフレーズが分かりやすく構成されていて、見やすいです。「蛇口と流れる音・動物と鳴き声」など五感を刺激してくれる内容になっています。

読み聞かせるときに、しっかりと赤ちゃんの耳に聞き取れるようにゆっくり、語りかけるように話してあげましょう。

安全な作りになっている。

角が丸くなっていて、切れないように厚紙で作ってあります。触り心地もとても滑らかで、赤ちゃんの手でも安全です。

じゃあじゃあびりびり 1

興味をひく色使い

色の使い方が赤ちゃんの興味をひくような構成になっており、シンプルな言葉と色の組み合わせで覚えやすいです。

赤ちゃんの脳でも反応する、色の組み合わせをしているように感じました。

じゃあじゃあびりびり 2

・いぬ わんわんわん  かみ びりびりびり

「どのこかな? おたんじょうびおめでとう」 著:ヒド・ファン・ヘネヒテン
あらすじ パーティにでかける動物達、さぁどんな動物が出かけるのでしょう? そして、だれが行くのかな?...

自分でページをめくる喜びを味わえる

把握反射

Copyright © いらすとや

分厚い紙でできていて フィルムでコーティングされています。「ピタッと本に指が張り付くような」感じになっている。

なので、赤ちゃんでもページがめくることができて、自分でめくる喜びを味わえます。

しかも、落としたり、噛んだとしても傷つきにくい分厚さです。

持ち運びにも便利

大きさ(CDぐらいのサイズです。)になっているので、車中や病院の待ち時間の時にオススメです。

著者紹介 まついのりこ

まついのりこ

引用 http://www.big-u.jp

著 まついのりこ

1934年、和歌山県に生まれる。武蔵野美術大学卒業。自分の子どもに作った手づくり絵本がきっかけになり、作品を発表する。

1991年から、ベトナムで紙芝居の普及や支援を始める。

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す