愛情を再確認させてくれる!「おたんじょうびのひ」 作:中川 ひろたか 絵:長谷川 義史

シェアする

おたんじょうびのひ 表紙

スポンサーリンク

誕生日の思い出絵本

「よしふみくん」は、6歳の誕生日をむかえました。先生から「赤ちゃんの頃どんなだったのか親に聞いてくるように」と言われました。

親はどんな気持ちで、どういう苦労があったのかという、赤ちゃんの頃のエピソードを聞くお話です。

誕生日を迎えたこどもにおすすめ!

おたんじょうびのひ 挿絵

子どもの誕生日を祝う時や妊娠中の方など、子どもが生まれた時の親の気持ちを伝えるなど、子どもと一緒に生まれた時の話をして理解を深めるのにおすすめです。

対象年齢:主人公と同じ6歳の誕生日に読むと良いかも

元気を与えてくれる明るい、よしふみくん

おたんじょうびのひ 1

赤ちゃんという存在に疑問を持った「よしふみくん」は、自分の生い立ちを知りました。早産で2000グラムしかなく、保育器に長く入れられていたそうです。

お母さんは、当時かわいそうにと思っていましたが、「よしふみくん」の「はやく でてきて おそく かえったんだ」という言葉に、お母さんは励まされました。

母親の生んだことへの責任を、子供の言葉が癒してくれるのがとても素晴らしかったです。

「おなかのなかの、なかのなか」 文:あさの ますみ 絵:長谷川 義史
あらすじ ねずみの「チュッチ」が森でいちごを食べているとねこが登場。そして、「チュッチ」がバクリと食べられ...

家族の愛情を再確認できる

幸せそうな家族

Copyright © いらすとや

ほかにも、いろんな家族の出来事が心温まるエピソードとして描かれており、家族の愛情を感じるシーンがいっぱいあり、癒されます。

このページを読んでいるときに、自分の子どもの生まれた時の思い出を会話に挟むのもいいかもしれません。

自分がいつも親に気にかけてもらっていて、愛情を貰ってるんだって、実感してもらえれば良いですね。

子供は親から愛してもらっているというサインを沢山欲しがっています。

自分のルーツを知ると安心して、「僕はお母さんから生まれてきたんだ!」と思える機会になります。

なので、教えてみてはいかがでしょうか?

ブックカーニバル in カマクラ 2015に行ってきた!
第1会場 由比ガ浜公会堂(一箱古本市) ブックカーニバル in カマクラ 2015 5月30日のイベントに...

「おたんじょうびのひ」の楽譜がついている
中川 ひろたかさんが作詞・作曲をした楽譜が最後のページについており、家族で一緒に歌って、楽しむようにもできているので、チェックしてみてください。

著者紹介

長谷川 義史

引用 http://www.eonet.ne.jp

長谷川 義史

公式サイト eonet.ne.jp

SNS Twitter Facebook

中川ひろたか

引用 http://www.songbookcafe.com

中川ひろたか

ブログ

songrecords-news.blog

鎌倉の絵本とうたのカフェ

songbookcafe.com

SNS Twitter

プロフィール

午年・みずがめ座・O型 1954年2月 埼玉県大宮市生まれ。 1995年6月はじめての絵本『さつまのおいも』発表。

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す