「たまご」 作:ガブリエル・バンサン BL出版

シェアする

たまご 表紙

スポンサーリンク

文字のない絵本

大地に現れた巨大な”たまご”。人々が次第に集まり、その周りに住み始め都市が形成されていきます。

そして、巨大なたまごが割れ現れたのは・・・。

ガブリエル・バンサンの映画作品

ガブリエル・バンサンさんの絵本関連のサイトを紹介します。「くまのアーネストおじさん」の絵本を映画化した時の紹介サイトだと思います。

豚のキャラクターを使って、漫画のように紹介されているのが、とてもおもしろく親近感が沸きます。(雰囲気がジブリの感じに似ているから?)

映画を作る時のキャラクター・背景デザイン・レイアウトを紹介するページです。とても細かく、精密に描かれているのに驚かされます。

▼キャラクターデザイン

ernestandcelestine.tumblr.com

▼レイアウト

ernestandcelestine.tumblr.com

You tube 「くまのアーネストおじさん」

くまのアーネストおじさん」のアニメ映画がYou tubeで紹介されています。Ernest & Celestine – Chase Sceneというタイトルの予告編です。

●英語字幕がついているので、見てみてください。

作家の生い立ち・代表作

モニーク・マルタン

引用 http://www.fondation-monique-martin.

本名、モニーク・マルタン(Monique Martin )

1982年ベルギー・ブリュッセルに生まれ、美術学校で絵画・ドローイングを学ぶ。

以降、彼女の特徴としてデッサンが世界各国から高い評価を得ます。

代表作に「アンジュール―ある犬の物語」、「マリオネット」などがあります。2000年9月24日にこの世を去りました。

デッサンに引き込まれる

ガブリエル・バンサンの作品の多くが鉛筆、木炭で描かれています。どれもすばらしい描写で、絵の中に吸い込まれるようでした。

彼女の絵には色がなくても木炭の濃淡で、いろんな表情を感じさせてくれます。

読み終わったあと、考えさせる作品

glorious67 / Pixabay

読み終わった感想は、何かを心に突き付けられる感じ。「あなたはどうするの?」「あなたはどうするのがいいと思う?

私は、人類に対するメッセージを感じました。たまごが意味するものとは何だろうか。

色んな受け取り方のできる作品だと思います。私は、こういうメッセージ性の強い作品が好きです。

日本の絵本は子供が楽しむものが多く、考えさせる作品はそれほど多くないと思います。

たまには自分と向き合うような絵本を読んで、外に向きがちなベクトルを内側に向けてほしいと感じました。

この機会に読んでみてください。大人がじっくり読んで楽しめますし、親子で読んでお互いの感想を言い合うのも面白いと思います。

デッサンの魅力を是非、感じ、体験してみてください!

心温まるお話、ナンセンス絵本が好きです。 サイト運営・記事執筆を担当しています。 一コマ漫画、イラストも描いているので、当サイトでも織り交ぜようと思っています。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す