「サムさんと10ぴきのひつじ 」 作:ミジ・ケリー 絵:ラッセル・エイト

シェアする

サムさんと10ぴきのひつじ

スポンサーリンク

寝る前にドキドキハラハラする物語

サムさん」と「10匹のひつじ」が仲良く暮らしているところに、オオカミが現れて さぁ大変・・・。

サムさんとひつじの運命は!!

サムさんのベッドの大きさ

サムさんと10ぴきのひつじ 2

ひつじ達と「サムさん」が寝ているベットが大きいです。そこで、寄り添って寝ている姿が癒されるし、心温まるシーンになっています。

こんなに大きなベッドがあるのかというぐらい大きいです。トランポリンぐらいの大きさのベッドです。

ひつじさんと一緒に寝たら、暖かそうで気持ちいいだろうなぁ~。

オオカミの変装がかわいい

Copyright © いらすとや

オオカミがひつじになりすまして、「サムさん」の家に来るシーンがあるのですが、オオカミの変装がすぐにバレてしまうような格好をしています。

その格好が怖いというか、かわいいです。だって、口に白いマスクをしているのだから。

おかしくて、笑ってしまいます。

「もぐらバス」 著:佐藤雅彦、うちのますみ
あらすじ 実は、人の生活している地面の下には動物たちの住む社会があるんです。「もぐらバス」が、もぐ...

サムさんがおっちょこちょい

サムさん」がひつじの数を数えられなかったり、オオカミの変装を見抜けずに家に入れてしまいそうになったりするところが、おっちょこちょいで笑ってしまいます。

サムさん」は数学が苦手なのでしょうか。

サムさんとひつじのやりとり

サムさん」とひつじのやりとりが、とてもユニークです。

サムさん」がボケて、10匹のひつじ達がツッコミをいれてくれるのが絶妙で、笑えるポイントになっています。

著者紹介 イギリス人作家

ミジ・ケリー

引用 http://mijkelly.com/about-me/

作 ミジ・ケリー

スコットランドに生まれ、幼少期をインドで過ごす。

公式サイト mijkelly.com

ラッセル・エイト

引用 http://www.harpercollins.com

絵 ラッセル・エイト

イギリスのサセックス州に生まれる。臨床検査技師や郵便配達員などを経験して、イラストレーターになる。

SNS Twitter Facebook

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す