「こねずみディディ・ボンボン」 作 絵:オルガ・ルカイユ

シェアする

こねずみディディ・ボンボン 表紙

スポンサーリンク

スリル満点な絵本

こねずみディディ・ボンボン 1

こねずみの「ディディ」は、パパとママに内緒で野いちごを摘みにでかけます。野いちごを探している時に、上履きを失くしてしまう「ディディ」。

森で怖いオオカミと遭遇してしまいます。そして「ディディ」は・・・・。

おいしそうな野いちごのボンボン

こねずみディディ・ボンボン 2

ボンボンとは?

砂糖から作られた殻で具をコーティングした菓子または、一口サイズの砂糖菓子(キャンディー)を意味しています。

チョコレート、ハチミツ入りキャラメル、レモンなどを作れる「ディディ」。そして、「ディディ」がボンボンを作るシーンがあるのですが、とてもおいしそうでたまりません。

Copyright © いらすとや

作り方の細かいレシピが載っていたら、自分でも作ってみたいと思うほどです。

ハラハラドキドキ 緊張感がすごい伝わる

こねずみディディ・ボンボン イラスト

上履きを失くして探している時に、オオカミと遭遇してしまう「ディディ」。そして、オオカミに食べられそうになった瞬間。

怖がりながらも「ディディ」は賢い頭で、いろんなボンボンを作ってあげるわとおおかみを説得します。

そして、オオカミに食べられないように、あれやこれやと必死になって頑張る「ディディ」に、ハラハラドキドキしながら見入ってしまいます。

スリル満点のシナリオになっているのでぜひ、見てみてください!

親近感がわいてきます

自分よりもはるかに大きいオオカミに、ボンボンを作るのですがたくさん作らないといけません。

自分と同じくらいの大きさの鍋で作るシーンがおもしろいです。

(この鍋でオオカミさんも料理をしているんだろうなぁと思うと。少し親近感がわいてきます。一人暮らしで大変そうと思うとつい。)

著者紹介 フランス人作家

オルガ・ルカイユ

© ecoledesloisirs.fr 引用 http://www.ecoledesloisirs.fr

作・絵 オルガ・ルカイユ

両親はロシア人、フランスのパリで1916年に生まれました。

オルガ・ルカイユ (著, イラスト), Olga Lecaye (原著), こだま しおり (翻訳) 岩波書店

▼関連書籍

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す