教育

子供が言うことを聞かない時に、親が言うべき事

怒ってしまう時

 

親の意見を聞き入れてくれない場合

maribu / Pixabay

 

それは、普段ママが子供の意見を聞き入れていないから。子供は自分の自由を認めてくれていれば、ママの自由も認めます。

 

子供が素直になってくれないのは、子供のせいじゃありません。「ママのコピーをしているんです。」

 

子供にとって、自分のしたいことにいつもダメって言われる、怒られる。

 

そういう体験をして、したいことに、反対するもんだって思い込みが出来上がります。

 

そしてその思い込みを再現しているだけです。親が子供に常識だからとか、マナーだからって、こうしなさい!っていうと子供にとっては、親のしたいことに反抗・反対する。

 

そういう思い込み通りに反応してしまっているだけです。

 

じゃぁどうすれば素直になってくれるの?

makunin / Pixabay

 

それは、子供のしたい!という気持ちを尊重して”OK”、”いいよ!”、”どんどんやってごらん”

 

肯定的な言葉をかけてあげること

子供はそういう言葉を受けることで、したいことをしても大丈夫なんだ。自己肯定力がつきます。自分が尊重されていることに気づきます。

 

そうすると、今度相手が何かしたいといった場合、相手にもOK,いいよ!と肯定的な気持ちになります。まさに、鏡となります。

 

▼完璧な教育や子育てを手放す。

自分の中にある理想の育て方・目標を手放してみることです。

 

ドラマや映画などで、こんな子どもに育ってほしい理想像を持ってしまっても。それを子どもに押し付けないこと。

 

テキトーに教育をする、ゆとりを心の中に持ってみると良いかもしれません。

 

自分の意見と子供の意見は対等

YamaBSM / Pixabay

 

自分の意見を聴いてほしかったら、普段から子供の言うことを聞いてあげなければいけません。

 

親の言うことだけを聞きなさいというのは、子どもに圧力をかけることになります。

 

→子供との接し方も、大人同様、相手を尊重することが大事です。

 

これを心がけてみてください。子どもとの距離が少し縮まるかもしれませんよ。

ABOUT ME
ソラト ヒロシ
心温まるお話、ナンセンス絵本が好きです。 サイト運営・記事執筆を担当しています。 一コマ漫画、イラストも描いているので、当サイトでも織り交ぜようと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください