動物絵本

愛するペットとの別れを、癒してくれる絵本!?「いぬとわたしの10のやくそく」【感想・あらすじ】

いぬとわたしの10のやくそく 表紙

 

死を理解する絵本

いぬとわたしの10のやくそく 見開き 1

 

世界中のたくさんの動物のサイトに伝わるおとぎばなし。この物語は人と犬との物語です。

 

自分の飼っている動物などに置き換えたり、「死を理解する」のにやさしく学べる絵本です。

 

一つ一つの 言葉が安心させてくれるメッセージになっていて、犬から飼い主へのメッセージが、とても感動しました。

 

「わたしを しんらいしてください・・・・・・」「それだけで わたしはしあわせです」

 

あわせて読みたい
コーギビルのいちばん楽しい日 表紙
【クリスマスプレゼント】におすすめの絵本!「コーギビルのいちばん楽しい日」【感想・あらすじ】 あらすじ クリスマスまでの楽しい日々を過ごす、コーギビルと動物たちの物語。コーギビルが家族と一緒にクリスマスの...

 

愛する犬からの大切なメッセージ

いぬとわたしの10のやくそく 見開き 2

 

動物などを飼ったことがある人なら、共感してしまう内容になっています。愛した動物と離ればなれになる不安や悲しみを癒してくれます。

 

忘れがちな、愛する犬への接し方を教えてくれます。「理由もなく叱ること、あなたのしてくれたやさしさを忘れないということ」など。

 

犬から飼い主への手紙を読んでいるじゃないかと思うくらい。愛情あるメッセージが込められていました。

 

言葉を理解したり、年の取り方などが違うけど、ペットも家族と同じなんだよと、再確認させてくれるとても素晴らしい絵本でした。

 

作者不明の物語です

この物語の原著は古いネィティブ・アメリカンの伝承

もしくはイギリスが発祥ではないかと言われています。

動物を愛する人たちによって、世界中の動物サイトに伝わった詩です。

 

著者紹介

メグホソキ

Copyright © 1998-2016 Tokyo Illustrators Society. 引用 http://www.tis-home.com

 

絵 メグ・ホソキ

プロフィール

1961年生まれ。藤枝リュウジ氏に師事。90年現、藤枝リュウジデザイン室を退所の後フリー。現在に至る。

書籍の装画、挿絵。雑誌のカバーイラストレーション。児童書の装画、挿絵。モード誌のためのファッションイラストレーション。

tis-homeより一部引用 http://www.tis-home.com/megu-hosoki

 

メグ・ホソキ (イラスト),  落合 恵子 (翻訳) 二見書房(リヨン社)

ABOUT ME
ぎゅっとるぼん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。 誰かの心に響く絵本が好きです。 癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください