絵本

世界の特色が、ひと目で分かる絵本!!「マップス 新・世界図絵」【感想・あらすじ】

マップス 新・世界図絵 表紙

 

マップス 新・世界図絵

マップス 新・世界図絵 見開き 1

 

アメリカ合衆国

  • 首都:ワシントンD.C.
  • 言語:英語 人口:3億1400万人
  • UFO、ロズウェル 国会議事堂
  • NASA(アメリカ航空宇宙局)グラウンドキャニオン

 

世界の国々を隅々調べあげ、まる3年かけて、地図とイラストを描いた絵本。

 

食べ物、歴史的な建物、偉大な人物、動物、植物など、いろんな情報が盛りだくさん!!

 

すべてのページに、数えきれないほどのイラスト!!地理、人類学、植物学、動物学、歴史、民俗学、あらゆる分野を網羅した、現代版「世界図絵」。

 

世界42か国のすべてが、ひと目でわかります。

 

世界遺産と場所が一致

マップス 新・世界図絵 見開き 2

 

オーストラリア

  • 首都:キャンベラ
  • 言語:英語 人口:2200万人
  • バオバブ ラクダ(19世紀に持ち込まれた)
  • オパール ニトミルク国立公園 エアーズロック
  • アボリジニ(オーストラリアの先住民族)

 

世界で有名な場所や遺産など、名前は知っているけど、場所が分からないことがあると思いますが。

 

この絵本を見れば、世界遺産の場所と名前が一致します。

 

逆に、新しい発見をすることもあり、大人でもビックリするくらい知らないことが、描かれています。

 

緻密でたくさんの情報量!

Tama66 / Pixabay

 

首都・言語・人口・面積など細かく紹介されています。全て、イラストで描かれているのがスゴイところです。

 

・人物紹介

画家、音楽家、発明家、民族の衣装と文化

・特産品・施設

名産品、教会、城、国会議事堂、開発施設

・生き物・場所

動物、植物、川、運河、山脈

・スポーツ

サッカー、野球、バレーボール、テニス、スキー

・乗り物

車、電車、ヨット、フェリー、人力車

 

知育絵本としてオススメ

世界地図なのに、歴史・現代までの文化や特徴を見開き1ページに、ギュッと凝縮されて描かれているので、飽きません。

 

世界の歴史や文化も学べるので、知育絵本としてもオススメです。

 

▼地図・図鑑が好きな子ども向け絵本

この絵本だと、読み聞かせするより、子どもが一人で眺めるだけでも、十分な絵本なので。

子どもが気になったことなどに対して、受け答えしてあげるぐらいが、丁度いいかもしれません。

 

→「あさになったのでまどをあけますよ」著:荒井 良二【感想・あらすじ】

 

世界198か国の国旗一覧もイラストで描かれています。

マップス 新・世界図絵 世界の国旗のページ

 

絵本を読んだ人の感想

 

 

著者紹介 ポーランド人夫婦作家

マップス 世界図絵 作家写真

© DIDIER JEUNESSE 引用  http://www.didier-jeunesse.com

 

著 アレクサンドラ・ミジェリンスカ

女性 ポーランドの美術アカデミー卒業 1982年生まれ。

イラストレーター、グラフィックデザイナー、ウェブデザイナー。

 

著 ダニエル・ミジェリンスキ

男性 ボローニャ国際児童図書賞を受賞 1982年生まれ。

イラストレーター、グラフィックデザイナー、ウェブデザイナー。ワルシャワ在住。

 

アレクサンドラ・ミジェリンスカ (著), ダニエル・ミジェリンスキ (著), 徳間書店

ABOUT ME
ぎゅっとるぼん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。 誰かの心に響く絵本が好きです。 癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください