精霊を子供の時に見たことがある人は必見!!「こびとづかん」

シェアする

こびとづかん 表紙

スポンサーリンク

コビト絵本

こびとづかん 見開き 1

みんなはコビトを見たことがありますか?昆虫でも植物でもない不思議な生きもののこと。

僕もそんなもの見たことなかったけれど、ある日知ることになったんだ。

じぃじ」は捕まえ方を知っている人で、「こびとづかん」を作った人。「じぃじ」がひそかに観察した、小人の記録帳だという本を貸してくれました。

ある意味、(じぃじが隠れたスゴイ人だと、読んでいて感じるところです!)

本物の図鑑と変わらない

クサマダラオオコビト

コビト網 植亜目 触頭科 クサマダラ属

・体長:15cm~20cm

・生息地:日当たりの良い花壇や草むらなど。

・特徴:知能は高いが、気が弱く臆病 歯がないのが特徴

コビトに実際に出会ってきた情報を書き込んだのか?というぐらい細かく。本物の図鑑ぐらい特徴や習性を書き込んであります。

ほかにも、

肉食で獰猛なコビト・木と同化して、あごの力が強いコビトなど。

いろんな種類のコビトも登場します。探すときは、気を付けてくださいね。(笑)

丁寧な説明と実践的アドバイス

こびとづかん 見開き 2

簡単に捕まえられるだけじゃなく、素手で触るのは注意する、多少の危険と覚悟が必要だとか。

このリアルな感覚まで、表現されているところが素晴らしいポイントだと思いました。

昆虫・植物でも、毒のある物やベタベタするものなど、自然界ではいろんな物があります。探したり、捕まえる時には危険が伴うことを教えてくれます。

この絵本を読んだ子どもたちが、発見する喜びを味わえるような工夫がされています。

さぁ、一緒にコビトを探しに行こう!!大人でも探せば見つかるかも。

虫好きの男の子には、たまらない絵本!「1001ぴきの虫をさがせ!」 作:エマ・ヘルブラフ 絵:テリ・ガウアー
探すのが大好きな子供におすすめ絵本 絵本で「何が隠れている」のか、「どこにいる」のかという...

絵本を読んだ人の感想

著者紹介

なばた としたか

© 2006-2014 Story Barrel. 引用 http://www.kids-event.jp

著 なばた としたか

公式サイト kobitos.com

SNS Twitter

こびとづかん Facebook

こびとづかん  著:なばたとしたか ロクリン社

絵本ラボでも、コビトを探してみたよ!

浜辺で散歩していると砂の中で何かを発見しました!もしやこれは、「ハマべコビト

ハマべコビト 1

ハマべコビト 2

ハマべコビト 3

ハマべコビト 4

すごい、草の椅子で日向ぼっこしています。とても、かわいいです!

ハマべコビト 5

ハマべコビト 6

最後は、気づかれて消えてしまったけど、足跡は残っていました。

みなさんも、浜辺をよ~~~~く探してみてください。出会えるかもしれません。

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す