ダーウィンも知らなかった、魚の進化論!?「かしこいさかなはかんがえた」

シェアする

かしこいさかなはかんがえた 表紙

スポンサーリンク

あらすじ

かしこいさかなはかんがえた 見開き 1

昔々、一匹の賢い魚が、海から頭を突き出して、「ああ、陸の上を探検してみたいなあ」と思っていた。

「魚が陸を歩くなんて無理、だって?」でも、賢い魚はあきらめなかった。考えに考えて、ある日とうとう・・・?

何千万年もの時の流れで行われた、生物の進化とは!?

登場する豊富な魚のキャラクターたち

かしこいさかなはかんがえた 見開き 2

かしこいさかなは、あたまがいい だけじゃなかった。 うたったり おどったりすれば みんな うっとりした。

一匹の賢い魚が主人公のこの物語。だけど、その話を聞く魚たちの、豊富なキャラクターたちは見ていてビックリするぐらいの量!!

魚の図鑑を見ているかのような世界観」で、いろんな魚たちが登場します。でぶでぶのさかな、ぺらぺらのさかな。

でーっかいさかな、きれいなさかな。いろんな、姿、形、色の魚が登場するので、読み始めから、楽しく読めちゃいます。

「ほんをよめばなんでもできる」 著:ジュディ・シエラ 絵:マーク・ブラウン
あらすじ 本を読むことが大好きな「サム」は、本を読んだ知識でいろんな問題を解決してゆきます。 そして...

ダーウィンの進化がここに隠れている?

賢い魚は、「と~~~~っても」賢いんです。チェスなどのゲームができたり、歌ったり、踊ったりできて、絵や詩だってできちゃう。

なんでもできてしまう、天才魚!!しかし、陸にあがることだけはできなかった・・・。

賢い人、やりたいと思った人が勇気を持って、挑戦してくれるおかげで、人類もここまで進化できたのだと感じました。

遠~~い祖先

人間もこの賢い魚くんのおかげで、人間へと進化できたんだと思います。

遠~~い遠~~い祖先であることは、血のつながった家族でもあります。

ぜひ、読んでみてください!!

絵本を読んだ人の感想

著者紹介 イギリス人作家

著 クリス・ウォーメル

1955年、イギリスのゲインズバラで生まれる。道路清掃車、ごみ収集、郵便配達、工場労働者として働いた。

木の彫刻、イラストレーター。クリス・ウォーメルさんのブログを紹介します。イラストや彫刻・児童書などがあるので、見てみてください。

公式サイト chriswormell.com

クリス・ウォーメル (著, イラスト), 吉上恭太 (翻訳) 徳間書店

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す