ダンボール電車 【ダンボールクラフト 乗り物】

シェアする

段ボール箱電車 表紙

絵本サロンは春休みだったので、幼稚園に通う子どもたちも参加しました。絵本は、読んだあと、登場人物になって、「君ならどうする?」と園児に訊きました。

自分ならこうする、と考えることと、答えること。このふたつがとても大切!国語力をつける、って、これが大きい力となるのです。

そして今回の工作は、段ボール箱電車、出発進行!です。

スポンサーリンク

材 料

段ボール箱電車 1

1.段ボール箱(車体用)

2.ビニール紐(肩から掛けたり、ひっぱったりするため)

3.針金(車輪をつける用)、紙皿

4.色画用紙【窓形に切る(空色)、前後の窓の上両サイドと下方に、ライトとして(黄色)、後方の窓の下方はライトとして(赤色)】

5.両面テープ、ガムテープ(色画用紙の裏に貼る)

作り方

段ボール箱を縦長に、車体とします。下の部分は内側に折り曲げて、ガムテープで止めてください!

段ボール箱電車 2

車体の上方側面は、片側に2個づつ(両側で4箇所)ひし形に切り抜き、パンタグラフとします=そこに、紐を通し、肩に掛けられるようにします。

段ボール箱電車 3

車体の下方側面は、片側に2箇所(両側で4箇所)穴をあけ、針金を通します=そこに、車輪として切り取ったダンボール をそれぞれはめ込みます。

(車輪を作るときに針金で止めるのが面倒な場合は、紙皿を貼って代用しても大丈夫です。)

段ボール箱電車 4

車体の前方に紐を通せば、引っ張って遊ぶことができます。車体の前後は、色画用紙で、大きな窓(裏に両面テープ)を貼ります。両サイドは、小窓を貼ります。

お好みで電車のデザインが可愛くなるように、シールやマジックで顔などを描いてみてください!グッと可愛くなって、機関車トーマスみたいになりますよ。

ダンボールを重ねて、羊が簡単に作れちゃう!?
読み聞かせ&こうさくあそび 出張絵本サロンを12月24日に開催しました。クラフト:「ダンボールで羊をつくろ...

遊び方

段ボール箱電車の中に入って、紐を肩に掛けて、「出発進行!」小さいお子さんには、紐を引っ張る電車にして、親子で一緒に遊びましょう。やってみてください!

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す