スター・ウォーズの知られざる物語!「ダース・ヴェイダーとルーク(4才)」

シェアする

ダース・ヴェイダーとルーク(4才) 表紙

スポンサーリンク

子育て絵本

ダース・ヴェイダーとルーク(4才) 1

©2012 Lucasfilm Ltd. & TM All Rights Reserved. Used Under Authorization.

でも。パパ。お昼寝したら。トシ・ステーションに行けるって言ったよね! その取り決めは変えたのだ。これ以上変わらぬことを祈るがいい

遠い昔、はるか銀河の彼方で…子育てをするパパがいた「すべての父子にフォースの導きがあらんことを」。

ルーカスフィルムが公認した暗黒卿の子育て絵本。誰しもが知っているあの「スターウォーズ」の絵本が登場!!

シリアス感がなく、まったり読める!

ダース・ヴェイダーとルーク(4才) 2

©2012 Lucasfilm Ltd. & TM All Rights Reserved. Used Under Authorization.

ルーク!危ない!戻ってきなさい

本編では語られなかったもう一つのエピソード。しかも、映画では「見ることができない子育て」が、この絵本でた~~~~っぷりと描かれています。

シリアス感がなくて、まったり読める内容になっています。ダース・ヴェイダーが育メンとして頑張っているのをみると、スゴク和みます。

映画のようなストーリーじゃなかったら、こんな感じで良いお父さんになっていたんだろうなぁ~と。

あの名シーンが登場

tookapic / Pixabay

スターウォーズを見たことがある人なら、必ず共感してしまう名シーンが登場します!

ヴェイダーと大人になったルークが戦ったあの名シーンが面白く描かれているので、お見逃しなく。

しかも、「ヴェイダー」流育児を見れるのも楽しかったです。

「ぼくはモンスターのとこやさん」作:マシュー・マケリゴット 訳:野口絵美
あらすじ 床屋の息子が家を抜け出し、深夜お父さんのお店で夜な夜な営業開始。 訪れるのはモンスターばか...

ココが笑えるポイント!

・お父さんである「ヴェイダーパパ」の気持ちが息子の「ルーク」に伝わらないところ。

・目に目ないフォースの力を使って、クッキーをとろうとしたり、ライトセーバーを使って野球をする親子。

・あの怖そうなマスターが「ヴェイダー」に対して、やさしい気遣いをしているところなど。

全64ページあるので、笑えるポイントが盛りだくさんです。

絵本を読んだ人の感想

著者紹介 アメリカ人作家

ジェフリー・ブラウン

© 2015 Lucasfilm Ltd. 引用 http://pages.chroniclebooks.com

著 ジェフリー・ブラウン

1975年にアメリカ合衆国のミシガン州グランドラピッズ生まれる。カートゥーン(1コマ漫画)作家。

公式サイト

jeffreybrowncomics.com

この絵本が動画で紹介されています。動くアニメーションになっているので、こちらもぜひ、見てみてください!

ジェフリー・ブラウン (著), 富永 晶子 (翻訳) 辰巳出版

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す