動物絵本

屋根の上には、猫しか知らない世界が待っていた!「てっぺんねこ」【感想・あらすじ】

てっぺんねこ 表紙

 

あらすじ

ぼくね、お誕生日のおくりものだったんだ。新しいうちでいちばんのお気に入りは、テラス。 ここから、屋根にのぼってのぼってのぼっていくと・・・・・・そう、そこは世界のてっぺん! ネコの毛並みや仕草が写真のようにリアル…

ほるぷ出版サイトより引用 http://www.holp-pub.co.jp

 

ネコ目線で描かれた絵本

てっぺんねこ 1

 

今年(2015年)9月に出版されたこの絵本。表紙のネコのアングルは、ネコ好きにはたまらない。「なに?」と語りかけてくる、その視線。

 

愛らしくて 知的で、野性味があるようなないような眼力。ムギュッと抱きしめたくなる、フワフワの毛の質感。

 

5歳前後の子どもたちの反応は、「あっ、このねこ、うちの近くにいるよ!」との発言に、「うちにもいるよ!」の大合唱でした!!

 

ヨーロッパの風景がトレヴィアン!でも、どこに棲んでいても、ネコの習性はみんな同じなのかもしれません。。

 

ネコの習性が、リアルに描かれている

 

てっぺんねこ 3

 

イスの下、キッチン、ベッドの下、そしてバルコニーへ行き、外も探検します。

 

抑え切れない衝動と、「ドキドキ感・焦燥感・失望感そして、ケロッとリセットしていく心の動きが可愛いです。

 

いろんな場所に出かけて移動していきます。てっぺんである屋根に上って大丈夫なのでしょうか?

 

そして、最後に驚きの展開に!?

 

「目に語らせている」描写が素晴らしかったです!読み終わった時、絵本をギュッと抱きしめてしまいました。

 

今回紹介した「絵本の猫」と「家の猫」が同じタイプだったので、共感しながら読んでしまいました!!

 

内容も家の猫と同じような行動をしているので、猫を飼っている方はぜひ読んでみてください。

 

絵本を読んだ人の感想

 

著者紹介

著 C.ロジャー・メイダー

国際広告代理店の元クリエイティブディレクター。

ロジャーは現在、彼の妻であるフランス人のマルティーヌと猫のピートと一緒に住んでいます。

 

本作のキッカケは、6階から落ちてケガひとつしなかった姪の飼い猫の話と、パリの風景からアイデアが生まれたそうです。

 

C.ロジャー・メイダー (著) C.Roger Mader (原著) 灰島 かり (翻訳) ほるぷ出版

ABOUT ME
eにんじん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。老人ホームで、読み聞かせのボランティアをやっていました。現在は、横須賀で情報を発信しています。企画、デザインも考えています。
関連記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください