なぜか子どもが、爆笑してしまう絵本!? 「はなくそ」

シェアする

はなくそ 表紙

スポンサーリンク

あらすじ

「今日こそジュリーに好きだ」と告白しようとジュールは、ジュリーのもとへ向かいます。しかし、そこにオオカミがあらわれて二人は捕まってしまいました。

オオカミが「さて、どちらから食べてやろう?」と悩みます。ジュリーを助けるために、ジュールがあることを思いつきます。

子供のツボにハマる絵本

はなくそ 見開き 1

ジュリーが いえから でてきました。 にこにこ わらっています。 ジュールが ゆうきを ふりしぼって はなしかけようとした そのとき、 ジュリーが いいました。「わたしね あした ひっこすの」

主人公のジュールの表情が、母性本能をくすぐるイラストでとても可愛らしいです。

子どもたちも、この愛くるしい表情に引きつけられるのでしょうか?

オオカミから逃げるための秘策とは?

はなくそ 見開き 2

オオカミは ふたりを らんぼうに ふくろから だすと。 ろうやに とじこめました。 そして かぎを やまほど かけました。「たいへん ジュール、どうしよう・・・」

読み進めると、ハラハラドキドキの展開になっていきます。弱気なジュールはオオカミから逃げて、ジュリーに告白ができるのでしょうか?

勇気をもって、ジュールが出した秘策とは・・・。

絵本を読んだ人の感想

はなくそ絵本 関連記事/「モジャキのくすり」 著:平田 明子 絵:高畠 純

著者紹介 フランス人作家

アラン・メッツ

引用 http://veronique-cauchy-auteur-jeunesse.blogspot.jp

著 アラン・メッツ

1961年にフランスのパリに生まれる。イラストレーター。

アラン・メッツ (著), Alan Mets (原著), ふしみ みさを (翻訳) ロクリン社

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す