動物絵本

生命の仕組みを数字で表現したら。「ライフタイム: いきものたちの一生と数字」【感想・あらすじ】

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0-%e8%a1%a8%e7%b4%99

 

あらすじ

一生のあいだにキツツキが木にあける穴の数は30。イルカがつかう歯の数は100。タツノオトシゴが育てる子どもの数は1000・・・。

 

本を開いて、一緒に数をかぞえてみよう。生き物の一生に隠れた、数の世界が見えてくる。

 

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0-%e8%a6%8b%e9%96%8b%e3%81%8d-1

 

いっしょうの あいだに この トナカイの つのは 10かい はえかわります。

 

生きている間に、こんなに角が生え変わるのかと、ビックリする情報が満載です!?

 

自分の体にも、興味が沸いたり、体のメカニズムに関心が向けられるのが良かったです。

 

一生を数字で例えるから、分かりやすい

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0-%e8%a6%8b%e9%96%8b%e3%81%8d-2

 

いっしょうの あいだに この アルパカは けが 20かい かりとられて、はえかわります。 アルパカの けは ぽかぽかコート、 さむさだって へっちゃらです。

 

数字の世界から、命の形を見るのも新鮮に感じられます。歯や角、毛など、いろんなものに、命が宿っていること。

 

そして、生命が生み出す神秘的なスゴさを、客観的に見ることができるのが良かったです。

 

後書きに
平均寿命や生態について、細かく書かれています。生物図鑑の役目にも、なっているのでおすすめです。

 

絵本を読んだ人の感想

 

 

著者紹介 アメリカ人作家

著 ローラ・M. シェーファー

アメリカのインディアナ州生まれ。ノンフィクション・絵本・幼年読み物など、幅広く子どもの本を執筆し、作品数は200冊にものぼる。

 

絵 クリストファー・サイラス ニール

アメリカのニューヨーク在住。イラストレーターとして、さまざまな雑誌や書籍、テレビなどで活躍。ニューヨーク・タイムズ紙で定期的に仕事を手がけ、作品は全米各地のギャラリーで紹介されている。

 

福岡 伸一

1959年東京生まれ。生物学者。“生命とは何か”を分かりやすく解説した著書を多数執筆している

 

 

ローラ・M. シェーファー (著), クリストファー・サイラス ニール (イラスト), Lola M. Schaefer (原著), & 2 その他 ポプラ社

ABOUT ME
ぎゅっとるぼん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。 誰かの心に響く絵本が好きです。 癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください