子どもの頃に、タイムスリップ!? 「より道やっちゃん 昭和の子どもブック」

シェアする

スポンサーリンク

あらすじ

女の子の「やっちゃん」が昭和30~40年代の生活を見せてくれる!!あの頃、どこにでもいた女の子や男の子の遊びや生活感を垣間見れます。「原っぱ、駄菓子屋、紙芝居、雑誌の付録・・・」。

イラストと漫画で分かりやすく、解説してくれる、懐かしい日々がいっぱい詰まった昭和の子どもブックです。

駄菓子屋

ラムネ瓶
ラムネを飲んだ後、ビー玉を取り出そうと試みた思い出!?ビー玉は炭酸の圧力でフタがされているようです。

駄菓子屋で出たお菓子

ポン菓子、あめ玉、ラムネ菓子、ビスケット、さいころあめ、ココアシガレット、ゼリービンズ、ボンボン、キャラメル、とんがり帽子菓子、チューブラムネ、ふうせんガム、酢こんぶ。

蝿とり紙&蝿帳(はいちょう)

冷蔵庫やサランラップがなかったころ、食べ物にハエがたかるのは当たり前の時代。

なので、昔は台所や茶の間の天井にハエとり紙がぶら下がっていて、髪の毛がつくことがありました。

蝿帳(はいちょう)

晩御飯の上に、ハエがこないように網目のカゴをかぶせておくもの。

今の世代が知らないもの

鉛筆削り、虫下し、立たされ坊主、月光仮面、メンコ、セルロイドの人形。

学校の生活や、時間割、服装、給食、おもちゃ、遊びなど。細かい描写と「昭和の生活感を疑似体験できるほど」の内容だったので、思い出しやすい作り方でした。

おばあちゃん・おじいちゃんから孫への読み聞かせにも、新鮮な内容として伝えられる書籍でした。

その当時使っていた、おもちゃや遊具に「これってどうやって使ったの?」という疑問に答えてあげるのも楽しいですよ!?

幅広い層に、おすすめの一冊です。

著者紹介

著 ロコ・まえだ

昭和24年北海道釧路市生まれ。株式会社サンリオにて「パティ&ジミー」などの人気キャラクターを生み出す。

ロコ・まえだ (著) 辰巳出版

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す