著作物利用許可申請書の書き方を紹介!?

シェアする

「著作物利用許可申請書のダウンロードのやり方や書き方はどうしたらいいのか?」という疑問に答えていきたいと思います。

申請する内容によって、変わってくるので、そこは出版社ごとにチェックをしてください。

では、今回は「絵本の著作物利用許可申請書の書き方」をご紹介します。

絵本紹介するときのやり方と出版社別の掲載ルール 前編
どうも!ぎゅっとるぼんです。 「ブログで絵本紹介をしてみたいと思う人」や「掲載する時のルール」とはどん...

スポンサーリンク

まず申請する時に、知っておくべきこと

Copyright © いらすとや

最初にチェックするポイントは!?「メールで送ることのできる出版社」「FAXのみしか受け付けない出版社」かどうかを確認してみましょう。

FAXで申請

FAXの良い所は、「対応してもらいやすい」というところです。悪い所は、手間がかかることです。

メールで申請

メールの良い所は、紙に書いたり、印刷しなくていい所です。 悪い所は、迷惑フォルダに入ったり、見逃される場合があるので、返事に時間がかかることがよくあります。

この二つの「良い所」や「悪い所」を考えたうえで、申請してみてください!!

著作物利用許可申請書のダウンロード

日本書籍出版協会のサイトから、4ページの著作物利用許可申請書をダウンロードしましょう。

読み聞かせ著作権 | ガイドライン | 社団法人 日本書籍出版協会

PDFをダウンロードしたら、•PDF to DOCX コンバーターを利用して、自分の使いやすいExcel・Wordなどの形式に変換しましょう。

私の場合は、Wordに変換して「著作物利用許可申請書」に必要事項を書き込んで、印刷しています。

著作物利用許可申請書の書き方

Copyright © いらすとや

出版元名 「出版社名」

申請者(団体)名 「山田太郎」

申請者(団体)住所 「東京都〇〇〇」

電話 「電話番号」

FAX 「FAX番号」

1.利用したい著作物

作品名・書名 「絵本の作品名・書名」

作者(作・文・絵・写真など)名 「著者名・作家名・翻訳家」

出版社名 「出版社名」

2.利用形態

ブログでの絵本紹介  掲載サイト 「自身のサイト名」「自身のHPアドレス」掲載希望ページ 表紙・見開きページの画像利用

※絵本は何ページとあまり書いてないので、画像利用する見開きページの説明文を書きましょう。「~のシーン」

3.利用方法(該当する場合はお書きください。)

今回は、ブログで絵本紹介するだけなので、ここには記入しません。•「図書室で読み聞かせする方会場で行う方」は、ここに記入しましょう。

対象者人数  「〇〇人」

会場名    「〇〇会場」

主催者(申請者と違う場合はお書きください)

無料・有料(どちらかに〇をお付けください)/入場料(有料の場合)

使用期間   「〇年〇月〇日~〇年〇月〇日」

上演予定回数 「〇回」

あかね書房

出版社名 あかね書房 総務部・著作権 ご担当者様

FAX 03-3263-5440

http://www.akaneshobo.co.jp

小社では、著作物利用に関する許諾申請はFAXもしくは郵送でお送りいただくようお願いしております。

あかね書房 総務部・著作権担当宛てにFAX(03-3263-5440)もしくは郵送にてお送りください。

あかね書房より引用 http://www.akaneshobo.co.jp

あすなろ書房

あすなろ書房 著作物利用受付係 御中

FAX 03-3202-3952

申請用紙をダウンロードして頂き、各項目にご記入の上、郵送またはFAXにて申請してください。折り返し、連絡させて頂きます。

あすなろ書房より引用 http://www.asunaroshobo.co.jp

アリス館

出版社名 アリス館 編集部 御中

FAX 03-3944-1228

http://www.alicekan.com

「中面を掲載したい」等、表紙以外の画像を掲載の場合には、申請が必要です。

「著作物利用許可申請書」をFAX か郵送にてお送り下さい。

アリス館より引用 http://www.alicekan.com/copyright/index.html

講談社

出版社名 講談社 ライツ管理部 御中

FAX 03-3943-8580

http://www.kodansha.co.jp

媒体での使用申請の際は、あらかじめ申込者名・連絡先・媒体名・使用希望著作物名・使用希望画像などを明記してライツ管理部にFAXにてご連絡ください。

ただし、書籍の表紙(雑誌・漫画を除く)のみの使用申請については広報室にFAXにてご連絡下さい。

また雑誌の表紙・記事の使用については直接編集部にお問い合わせください。編集部の電話番号は奥付(裏表紙や巻末などにあります)をご参照ください。

講談社より引用 http://www.kodansha.co.jp/copyright.html

水声社

出版社名 株式会社 水声社 御中

FAX 03-3818-2437

http://www.suiseisha.net

鈴木出版

出版社名 鈴木出版株式会社 御中

FAX 03-3947-5144

http://www.suzuki-syuppan.co.jp

ネットで「著作物利用許可申請書」を検索いただきまして、印刷し、記入いただきまして、弊社・並木までFAXいただきたくお願い致します。表紙のみの使用でしたら、すぐに、お返事を差し上げることが可能ですが、本文見開を掲載されます場合は、著者への確認が必要になるため、数日日にちをいただくことになります。

大日本絵画

出版社名 株式会社 大日本絵画 御中

FAX 03-3294-7865

http://www.kaiga.co.jp

著作物申請に関しましては、FAXで申請いただくか、弊社ホームページの「著作物利用について」から、申請ください。

白泉社

出版社名 白泉社 編集総務課 御中

FAX 03-3526-8074

http://www.hakusensha.co.jp

当社出版物のまんが・イラスト・文章等からの転載を希望される方は、あらかじめ申込者名・ご連絡先・媒体名・使用希望作品名・使用希望画像などを明記してFAXにてご連絡下さい。

白泉社より引用 http://www.hakusensha.co.jp/contact/

光村教育図書

出版社名 光村教育図書株式会社 御中

FAX 03-3779-1234

http://www.mitsumura-kyouiku.co.jp

弊社出版物のご利用に際しては、添付の申請書の提出をお願いしています。該当事項にご記入いただき、FAXにてお送りください。検討の後、回答いたします。

ひさかたチャイルド

出版社名 株式会社 ひさかたチャイルド 受付窓口 御中

FAX 03-3818-4970

http://www.hisakata.co.jp

日本書籍出版協会ホームページ(外部リンク) から著作物利用許可申請書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、小社へFAXでお送りください。著作権者に確認し、許諾の可否を担当からご連絡いたします。

ひさかたチャイルドより引用 http://www.hisakata.co.jp

評論社

出版社名 株式会社 評論社 御中

FAX 03-3260-9408

https://www.hyoronsha.co.jp

特に定めたフォーマットはありませんが、1.どの本を2.どのような形で3.どこに使用するのかを明記した上で弊社編集部宛FAXにてご申請ください。内容確認後、許諾可否をFAXにてご返答いたします。

評論社より引用 https://www.hyoronsha.co.jp

PHAIDON

出版社名 ファイドン株式会社 御中

FAX 048-998-1901

http://phaidon.co.jp

福音館書店

出版社名 福音館書店 広報宣伝部 広報宣伝課 御中

FAX 03-3942-2067

http://www.fukuinkan.co.jp

1. 児童書の出版社が共通で使用している申請書をお使いください。⇒「著作物利用許可申請書」をダウンロードする 2. 必要事項を記入し、広報宣伝課へFAXもしくは郵送してください。3. 著作権者に確認をとって、使用の可否をこちらからご連絡いたします。

福音館書店より引用 http://www.fukuinkan.co.jp/help/info_3.html

冨山房

出版社名 有限会社冨山房 御中

FAX 03-3291-2179

http://fuzambo.net

日本書籍協会のHPに「著作物利用許可申請書」なるテンプレートがございますのでそちらを使用して申請していただければ結構です。

フレーベル館

出版社名 株式会社 フレーベル館 御中

FAX 03-5395-6621

http://www.froebel-kan.co.jp

本の中身の画像を掲載しても良いですか。著作権者に確認が必要となりますので、著作物利用申請書(PDF)をFAXもしくは郵送(宛先はこちら)にてお送りください。

フレーベル館より引用 http://www.froebel-kan.co.jp/faq/

のら書店

出版社名 のら書店 御中

FAX 03-3261-6112

http://www.norashoten.co.jp

中面を掲載する場合は著作権者の確認を取る必要があり、お時間のかかる場合やお断りさせていただくことがございます。

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す