空気はどこから来て、どこにいくのだろう。ポエム絵本! 「くうき」

シェアする

%e3%81%8f%e3%81%86%e3%81%8d-%e8%a1%a8%e7%b4%99

スポンサーリンク

あらすじ

詩人の「まどさん」は言う。「『永遠』というものを言おうとしたとき、どう言えば『永遠』が言えるのか」と。

「どう言っても、どう描いても、言わないこととおなじようなものかもしれないんだけれども…、それでも、言ってみたいと思うんです」

そんな詩人の想いを、画家の「ささめやさん」がうけとめ、一冊の絵本になりました。

空気を通して、「永遠とは?」

%e3%81%8f%e3%81%86%e3%81%8d-%e8%a6%8b%e9%96%8b%e3%81%8d-1

そして ぼくが いま はいた くうきは もう パパの 胸の なかに はいっていく

空気は当たり前のように存在して、あるようでないようなもの。そのことについて、読者に一つ一つ、問いかけていく内容になっています。

大人向け絵本

%e3%81%8f%e3%81%86%e3%81%8d-%e8%a6%8b%e9%96%8b%e3%81%8d-2

くうきは びっくりぎょうてん しているか? なんの おなじ くうきが つい このあいだは

子供には、少し難しい絵本かもしれません。詩が好きな、大人向け絵本です。ふと立ち止まって、考えさせられる内容が良かったです。

普段、目を向けないことに目を向けてみようと思わせてくれました。自分の吐いた空気はどこに行くのだろうかぁ~。

著者紹介

絵 ささめや ゆき

1943年、東京都に生まれる。『ガドルフの百合』(偕成社)で小学館絵画賞受賞。

詩人 まど みちお

1909年、山口県に生まれる。1934年に投稿した詩が北原白秋の選により特選に選ばれる。

ささめや ゆき (イラスト), まど みちお 理論社

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す