女の子と龍の絆を描いた絵本!? 「さくらいろのりゅう」

シェアする

スポンサーリンク

あらすじ

村の人たちから、「役に立たない小石のようだ」と言われた「コイシ」という娘がいました。

ある日、山へ行くと綺麗な泉がありました。水面を覗き込んでみると、なんと「りゅう」が出てきました。

初めてできた、友達は「りゅう」でした。

コイシは めを まるくして いいました。「なんて きれいなりゅう!」そして りゅうのはなさきを そっと なでました。りゅうは めを まるくして、コイシを みつめました。

友達がだれもいなかった「コイシ」にとって、初めての友達は「りゅう」だったのです。

あるひ、コイシは はまべで ひろったかいを てのひらに のせて いいました。「りゅうに あげる」すると、りゅうが じぶんのうろこを とって、コイシに さしだしました。

「くれるの?」コイシは ききました。 りゅうの あおいうろこと コイシの さくらいろのかいは とてもよくにていました。

しかし、「コイシ」が「りゅう」にあっていることが村の人にバレてしまいます。すると村の人たちは、「コイシ、りゅうをよべ!」と言い寄ってきます。

コイシ」と「りゅう」に待ち受けている物とは・・・。

著者紹介 町田 尚子

%e7%94%ba%e7%94%b0%e5%b0%9a%e5%ad%90

Copyright ©2000 TOHAN CORPORATION. 引用 http://www1.e-hon.ne.jp

いぬかき日記

http://shirakipippi.seesaa.net

NaokoMachidaWeb

http://www.d7.dion.ne.jp

SNS

Twitter

町田 尚子 (著) アリス館

猫好きにはたまらない、リアル猫絵本!? 「ネコヅメのよる」
あらすじ 家のの中にいる猫には、ある秘密がありました。 ある日の夜、猫は気付きます。 「あれ?もしかしてそ...
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す