動物絵本

「おもちゃ」の気持ちを、教えてくれる絵本!? 「ビロードのうさぎ」【感想・あらすじ】

%e3%83%93%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ae%e3%81%86%e3%81%95%e3%81%8e-%e8%a1%a8%e7%b4%99

ビロードのうさぎ

最初にもらった、「ビロードのうさぎ」のおもちゃを大切に遊んでいた「ぼうや」は楽しくて仕方がありませんでした。

 

しかし、新しいプレゼントをもらって、「ビロードのうさぎ」のことをすっかり忘れていまいました。

 

大切に扱った、おもちゃ

%e3%83%93%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ae%e3%81%86%e3%81%95%e3%81%8e-%e8%a6%8b%e9%96%8b%e3%81%8d-1

 

うさぎは だんだんと よごれて きたなくなっていきました。 けれど まいにち とても しあわせだったので、そんなことは きにもしませんでした。

 

心から、大切に大事に思われたおもちゃのことを「本物のおもちゃ」だということを、ほかのおもちゃに言われた「ビロードのうさぎ」。

 

「僕は、そんなおもちゃになれるのかなぁ」と悩む、「ビロードのうさぎ」。

 

ビロードのうさぎの行方とは

%e3%83%93%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ae%e3%81%86%e3%81%95%e3%81%8e-%e8%a6%8b%e9%96%8b%e3%81%8d-2

 

「へんなやつだなぁ。 ほら とんでみろよ、こんなふうに」 もう1ぴきが ジャンプをしました。「とべるよ ぼく、 ほんとは すごくたかく とべるけど・・・」

それは ぼうやが ほうりなげてくれるときの はなしです。 「いまは とびたくないんだ」と ビロードうさぎは いいました。

 

ビロードのうさぎ」が、「ぼうや」と仲良く、幸せな日々を過ごします。しかし、ある日突然お別れの時がやってきます。

 

ずっと大切に扱われた「ビロードのうさぎ」は、「ぼうや」と別れてどうなってしまうのでしょうか?最後に、感動する展開が待っています。

 

著者紹介

著 マージェリィ・W. ビアンコ

1881年、ロンドン生まれ。結婚後、アメリカに住む。

 

絵 酒井 駒子

1966年、兵庫県生まれ。東京芸術大学美術学部卒業。

 

 

マージェリィ・W. ビアンコ 酒井 駒子 (著), 酒井 駒子 (イラスト, 翻訳) ブロンズ新社

ABOUT ME
eにんじん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。老人ホームで、読み聞かせのボランティアをやっていました。現在は、横須賀で情報を発信しています。企画、デザインも考えています。
関連記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください