「チリメンモンスターのひみつ さぐれ! 海の生き物のくらし」を紹介!!

シェアする

スポンサーリンク

チリメンモンスター

「チリメンモンスター」とは

チリメンジャコに混じっている、イワシの幼魚以外の小さな生き物たちのこと。

最初のページでは、チリモンの仲間たちを紹介してくれています。

チリモンの種類を「魚、エビ、カニ、タコ、イカ、貝などのグループ」を写真とイラストで分かりやすく解説してくれています。

姿も名前もちがう魚の親子

成長するにつれて呼び方が変わる魚を「出世魚」という。大きさやとれる場所、味などが違うから。

1.セイゴ→フッコ→スズキ

2.オボコ→イナ→ボラ→ボラ(トド)

3.モジャコ→ワカシ→イナダ(ツバス・ハマチ)→ワラサ(メジロ)→ブリ

※「マンボウは一度の産卵で、3億個も生みます。」

チリモン図鑑

この本では、チリメンモンスターの解説を入り口として、どんな生き物で、どのように育っていくのかを分かりやすく表現してくれています。

それと、海の中に住んでいる環境や、魚の生態も細かく描いています。

図鑑ページを、3見開き掲載してくれています。なので、図鑑の要素としても楽しめます。海の魚について、詳しくなれる「豆知識」もあります。

チリメンモンスターの中から、海の謎を一緒に解いてみませんか?大人でも、楽しめる一冊でした。

著者紹介

絵 いずもり・よう

1971 年、東京都生まれ。生き物ならなんでも描くイラストレーター。

ギャラリー幻想水系

http://www.d9.dion.ne.jp/~kestrel/

SNS

Twitter Facebook

きしわだ自然資料館 (監修), 武田 正倫 (監修), いずもり よう (イラスト) 偕成社

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。 誰かの心に響く絵本が好きです。 癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す