大好きなペットを、上手く隠すには?「おばあちゃんからライオンをかくすには」

シェアする

おばあちゃんからライオンをかくすには 表紙

スポンサーリンク

あらすじ

ある日、「アイリス」の「おばあちゃん」が泊まりにきました。ライオンと暮らしていることは、「おばあちゃん」に知られてはいけません。

さぁ、「ライオンを隠さなくちゃ!」でも、「おばあちゃん」がもってきた「おお~きな おお~きな」衣装箱にもある秘密が・・・。

ライオンと少女・「アイリス」のハラハラ、ドキドキの物語。

おばあちゃんからライオンをかくすには 見開き 1

かえりの バスの なかで、アイリスは いいました。「もどったら、かそうごっこしない?」でも、おばあちゃんは、「かんがえてみるわね」と、いうだけでした。

おばあちゃんの部屋から・・・

おばあちゃんからライオンをかくすには 見開き 2

ところが よなかに、おばあちゃんの へやから ふしぎな おとが きこえてきました。 ペチャ ペチャ ガツ ガツ ムシャ ムシャ ゴクン~

アイリス」は「おばあちゃん」にライオンが暮らしていることを、バレないようにするために、いろんなところに隠します。

しかし、そんなある時、「おばあちゃん」の部屋から謎の大きな音が・・・。「アイリス」が見た、その部屋で待っていたものとは!?衝撃の展開が待っていました。

絵本を読んだ人の感想

著者紹介 イギリス人作家

著 ヘレン・スティーヴンズ

絵本作家、イラストレーター。1972年、イギリス、ダラム州出身。グラスゴー美術学校でイラストレーションを学ぶ。

オフィシャルサイト

http://www.helenstephens.com/

翻訳家 さくま ゆみこ

翻訳家。青山学院女子短期大学教授。

ヘレン・スティーヴンズ (著), Helen Stephens (原著), さくま ゆみこ (翻訳) ブロンズ新社

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す