楽しみにしているのは、子供だけじゃない!?「ゆきだるまのクリスマス!」

スポンサーリンク

あらすじ

クリスマス・イブの夜には、みんな、ぐっすり眠ってしまいます。しかし、「ゆきだるまたち」はある楽しみが待っていたのです。

それは、みんなで集まって、美味しい物を食べたり、ダンスをしたりすること。

ゆきだるまたち」の秘密のお楽しみ会を、覗いてみませんか?

こどもたちは、おにごっこや はないちもんめ、うまとびあそびで、おおはしゃぎ。ゆきだるまママたちの ごじまんは、てづくりおかし。アイスクリームに かきごおり、ひんやり かわいい プチケーキ。

いろんな、「ゆきだるまたち」が登場します。

エプロンしたゆきだるま、カラフルなマフラーをしたゆきだるま、バイオリンを持ったゆきだるま、犬のゆきだるまなど。

一人一人、表情豊かな、「ゆきだるま」が登場するので、見ていて飽きないない内容になっています。服装なども、違うので細かく見比べるのも楽しいですよ!?

バイオリンの おんがくが はじまると、おまちかね、ダンスの じかん。みんな ならんで、いっせいに すべりだす。

クリスマス・イブの夜は、人間だけじゃなく、「ゆきだるま」にも楽しみが待っていることが描かれているので。

子どもたちに、サンタさんだけじゃなく、「ゆきだるまたち」も楽しみにしていることを教えてあげてもいいかもしれません。

クリスマス・イブの夜が、もっと「ワクワク」で楽しくなりますよ!?

著者紹介 アメリカ人の夫婦作家

著 キャラリン・ビーナー

アメリカのユタ州、ソルトレイクシティーに9人の子供達と住む。

絵 マーク・ビーナー

アメリカのユタ州、ソルトレイクシティーに9人の子供達と住む。

せな あいこ

東京生まれ。同志社大学文学部卒業。

キャラリン・ビーナー (著), マーク・ビーナー (イラスト), Caralyn Buehner (原著) 評論社

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

スポンサーリンク