なぜか?声に出して読みたくなる、絵本!?「こねてのばして」

シェアする

ヨシタケシンスケさんのファン待望の新作絵本が、登場!?「こねて、こねたら・・・。」何ができるのかなぁ?

さぁ、一緒にみんなでこねてみよう。いろんな形に、出来上がるよ!?

スポンサーリンク

こねて・・。こねて・・。

すわらせて おどって さわらせて のばして ぐるぐる まきつけて

こねかたで、いろんな形が登場します。しかも、こねるだけじゃなくて、「言葉の言い回し」もこねたような言い方になっています。

口に出して、読みたくなるほど。テンポよく、読めるので楽しかったです。

とびこんで とびはねて とびはねて パーーーーーン!

親子で、一緒に楽しめる内容になっています。リズミカルに読めるので、子どもとのスキンシップにお勧めの一冊です。

文字が少ないので、小さいお子様でも十分楽しめる絵本になっています。

・ヨシタケ シンスケ関連記事

「このあと どうしちゃおう」

「もう ぬげない」

「ぼくのニセモノをつくるには」

「りんごかもしれない」

読んだ時の子どもの反応は

著者紹介 ヨシタケシンスケ

ヨシタケシンスケ

© KINOKUNIYA COMPANY LTD. 引用 https://www.kinokuniya.co.jp

プロフィール

1973年、神奈川県生まれ。

日常のさりげないひとコマを独特の角度で切り取ったスケッチ集や、児童書の挿絵、装画、イラストエッセイなど、多岐にわたり作品を発表している。2児の父。

ヨシタケシンスケ HPより一部引用 osoraku.com/profile

HP osoraku.com

絵本 「りんごかもしれない」

Facebook

ヨシタケ シンスケ (著) ブロンズ新社

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す