自分を好きになれない人に読んでほしい!子供の自己肯定感を高める絵本。「オレ、カエルやめるや」

シェアする

アメリカでも大人気の絵本が登場!だって、なんだかヌルヌルしてるしさあ。読み聞かせが楽しい「ユーモア絵本」です。

この絵本のタイトルの「オレ、カエルやめるや」という、翻訳が絶妙です!?

帯をとると、こんな感じの表紙です。可愛らしいカエルさんのイラストが、癒されます。

中身を見てみましょう。最初に、カエルの親子が登場して、突然。子どものカエルが、ほかの動物になりたいと言い出します。

そして、お父さんカエルはビックリして。理由を聞き出します。

じゃあ オレ、ウサギになることにするや。おまえはウサギには なれないよ。なんで? ほらピョンピョンとべるよ

こんな感じて、一つ一つ丁寧に。お父さんカエルが、子どもに説明していきます。

でも。みみが ながくないよ。なんで そんなに カエルが いやなんだい? だって、なんだかヌルヌルしてるしさあ。たしかにな。でも、カエルは ウサギには なれないよ。

この、カエルが嫌な理由に対して子どもカエルの「なんだかヌルヌルしてるしさあ。」には、共感してしまう内容でした。

たしかにな。」のお父さんカエルの一言にツッコミたくなる返事です。お父さんカエルも嫌なのかい!?

そして、次になりたい動物が「ブタ」が出てきました。すると、お父さんカエルはこう答えます。

じゃあ オレ、ブタになることにするや。 おまえは ブタには なれないよ。なんで? おまえは カエルだし、クルンとまいた しっぽもないし、ブタのエサだって たべられないし。

たしかに。ブタのエサはたべられないや。だろ? ブタのエサを たべてこそ ブタだ。カエルはブタには なれないんだよ。

いやぁ~~。次々と出てくる、子どもカエルの質問に丁寧に答えてくれるのがとても面白いですね。

そして、子どもカエルは、本当にカエルをやめてしまうのでしょうか?しかし、そこに一匹のフサフサの生き物が登場すると・・・。

スポンサーリンク

絵本を読んだ人の感想

著者紹介

著 デヴ・ペティ

カリフォルニア州バークレーで生まれ育ち。大学で政治学を学んだ後、マトリックスシリーズなどの映画製作に関わり、映画の視覚効果アーティストになる。

絵 マイク・ボルト

絵本作家・イラストレーター。カナダ、アルバータ州の田舎町に住んでいる。

デヴ・ペティ (著),‎ マイク・ボルト (イラスト),‎ 小林賢太郎 (翻訳) マイクロマガジン社 本体1,600円+税

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す