分け合うことの大切さを、教えてくれる!?「王さまライオンのケーキ」

シェアする

王さまライオンのケーキ 表紙

スポンサーリンク

分け合うことを教えてくれる絵本

王さまライオンのケーキ 見開き 2

Copyright © 2009 by Matthew McElligott

王さまライオンのしょくじかいに招かれました。デザートのケーキを「自分のぶんをとってまわしなさい」と、となりのゾウにわたしました。

さて、ゾウはケーキを切って、自分のぶんをとりましたが…?

自分のぶんを理解するのに分かりやすく、算数がたのしくなる絵本です。

ここがポイント!

王さまライオンのケーキ 挿絵

半分・倍のことを理解するのに、ケーキを使って表現しているのがとても分かりやすかったです。

しかも、とても心温まるストーリーになっているのが魅力的です。

個性的なキャラクター達

蝶ネクタイをした「カエル

つばの広い帽子をかぶった「インコ

サングラスをかけた「ゴリラ

真珠のネックレスをした「カバ」など。

登場する動物達の性格も個性的で、ずうずうしい性格をしていて、自分の分のケーキを食べる、食事シーンがクスッと笑ってしまいます。

主人公の「アリさん」が、とても真面目な性格です。この対照的な関係性が、読んでいて面白いところです。

性格が真面目そうなライオンさんと「アリさん」は、アクセサリー的なものを身に着けていません。(それぞれの性格を表現しているのでしょうか?)

思いやることも一緒に学べる

この絵本から、自分のことだけを考えないエッセンスを学べたり。相手の分のことも考えてみようという、思いやる気持ちを教えてもらえる作品でした。

アリさん」のような、分け与えあう関係を築いていきたいですね。

絵本を読んだ人の感想

著者紹介 アメリカ人作家

マシュー・マケリゴット

引用 http://www.kansasread.org/bmjlion.html

作 マシュー・マケリゴット

ニューヨークのアルバニー郊外で育ち。アルフレッド大学に通った。イラストレーター

モンスターズ・インクのようなサイトになっています。小学校を訪問したり、いろんな活動をしています。

公式サイト matthewmcelligott.com

マシュー・マケリゴット (著, イラスト)  野口絵美 (翻訳) 徳間書店

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す