「ピクサー流 創造するちから」からクリエイティブ思考を学ぶ

シェアする

「ピクサー流 創造するちから」

Copyright © ダイヤモンド社

スポンサーリンク

クリエイティブ思考

エド・キャットムル

引用 animationmagazine.net

著者 エド・キャットムル

ピクサーの共同設立者3人のうちの1人です。あと2人はスティーブ・ジョブズ、ジョン・ラセター。

(ほとんど出てきませんが、もう一人の著者としてジャーナリストのエイミー・ワラスさん。)

この本は、エド・キャットムルさんの自伝に沿って書かれています。ボリュームが凄い。400ページ超えで分厚いです。

環境づくりの大切さ

Picography / Pixabay

この著者のエド・キャットムルさんは、チームの環境づくりに力を入れていました。

クリエイター達の力を引き出し、それを阻害している要因を見つけることに、常に注意を払っている方です。

冒頭でそう書いてありクリエイター視点で役に立つことがないのかなぁと思って読み進めると。

映画製作の裏話や、失敗、教訓、クリエイティブな社員が能力を発揮するために大切なことがあり、スラスラ読み進めることができました。

この本をお勧めする人

こんな方に

ピクサーの立ち上げの歴史、映画制作秘話など、ピクサー映画ファン、組織のチームリーダー、人事担当者、経営者などが読んでも環境づくりに役立つことがあると思います。

ピクサーは当初、ハードウェアを売っていたことを知りませんでした。

ピクサー・イメージ・コンピュータでコンピュータを売っていましたが、結局300台しか売れなくハードウェアを諦めました。

そして自分たちが最初からやりたくて仕方がなかったことを、とことん追求する決意をしました。それがコンピュータ・アニメーションだった。

斬新なアイディアを擁護する!

「ピクサー流 創造するちから」からクリエイティブ思考を学ぶ 5

引用 smashinghub.com

SIGGRAPH(シーグラフ)というコンピュータの展覧会の審査員を彼が担当しているときの話。

審査員たちの中で、二者のグループが出来ていることに気づいたという。

斬新なアイディアに対して、欠点を探して文句をいう人々と、良い点を評価し、そのアイディアを伸ばすアドバイスをする人々。

ピクサーだけでなく、「斬新なアイディアは守られなければならない。」と著者は強く訴えていました。

私も仲間とアイディア出しのときに、実現可能性とか面白いかどうかを、その場ですぐ出して、アイディアを評価していたことを反省しました。

新しいアイディアが出たら、とにかく潰さず、良いところを見つけて活かそうとする!

実際に、これを実践してみました。大した違いはないと思っていたけれど、とりあえずやってみよう!で作品づくりが凄くスムーズに行きました。

意識するとしないとでは、全然違います。あと最近思ったのが、良い本を読んだり、良い情報を手に入れても、自分の生活に取り込んで試さないと、使える形で残りません。

知っただけで、できる気になる。これに気づけただけでも、少し成長できた感じがしました。

現地調査の重要性

Unsplash / Pixabay

新しい映画を作る会議で、イメージを沢山描いて話し合うそうですが、どこかで見た映画の手法をマネたものが出てきてしまうそうです。

ピクサーの会議では、暗黙の了解で、スターウォーズの話は一回までになっているそうです。あまりに具体例として出てくるからでしょう。

作品作りで、有名作品をマネたり、影響を受けてしまい、オリジナル性、世界観が出ないとき、現地調査をさせることが大切だと力説しています。

現場に出向いて情報収集

実際レミーのおいしいレストランの場合、スタッフにミシュランの星を獲得したレストランに出向き、シェフの包丁の動き、厨房、ネズミが通る配管を調べさせたりしたそうです。

そういうことで、世界観が出てきてオリジナルになる。神は細部に宿るとは言いますが、まさにそのことだと思いました。

細かいところを作りこむのは、世界観を保つために大切なんだとよくわかりました。

その他にも沢山、映画づくりでの楽しい話がありますので、良かったら読んでみてください。

心温まるお話、ナンセンス絵本が好きです。
サイト運営・記事執筆を担当しています。
一コマ漫画、イラストも描いているので、当サイトでも織り交ぜようと思っています。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す