さかなクンに隠された魅力を紹介!

シェアする

さかなクン 表紙

スポンサーリンク

さかなクン

「ギョギョギョ~~」で有名なテンションの高いさかなクンについて、紹介したいと思います。

魚博士というぐらいは、みなさんもご存知だと思いますが、隠された一面について紹介します。

さかなクン 1

Photo by https://www.facebook.com

ハコフグの帽子をかぶっている理由

さかなクン 帽子

Photo by https://www.facebook.com

小さい時に、魚屋さんの水槽で他の魚からいじめられている中で、ハコフグが一生懸命に泳いでいた姿に心打たれたことが、キッカケだそうです。

さかなクン 帽子 2

Photo by https://www.facebook.com

この魚がさかなクンの帽子のモデルになったハコフグさんです!

青い頭に黄色い体、お腹が白色という特徴は、さかなクンのシンボルカラーにもなっています!!

こういう魚がいることも、初めて知りました!

演奏会を開催

中学校時代に吹奏楽を始めたのは、部活見学に行った時に、水槽がたくさんある部活(水槽学)と思い込んで、入部したことがキッカケだった。

さかなクン 演奏

Photo by https://www.facebook.com

さかなクン 演奏 3

Photo by https://www.facebook.com

さかなクン 演奏 2

Photo by https://www.facebook.com

宮藤官九郎さんと一緒にセッションしたりなど。いろんな人と演奏会を開催しているのもビックリしました!!

間違えて入ってしまった吹奏楽だけど、こんなに楽しめるのも素晴らしいところです。

いじめ問題について

広い海へ出てみよう/東京海洋大客員助教授-さかなクン

中一のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。突然のことで、わけわかりませんでした。

でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。

すると、残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

 中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも、仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。

学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話を聞いてあげたり、励ましたりできなかったけど、誰かが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

ぼくは、変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友達ができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んだりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。

広い空の下、広い海へ出てみましょう。

いじめ防止ネットワーク より引用

緻密でかわいいイラスト

さかなクン 3

Photo by https://www.facebook.com

さかなクン イラスト 3

Photo by https://www.facebook.com

チョコレート×お魚を紹介!!聞いたことのない魚です。

さかなクン イラスト 1

Photo by https://www.facebook.com

さかなクン イラスト 2

Photo by https://www.facebook.com

母の日にも感謝のメッセージとイラストを描くところが、さかなクンの優しさを感じれるところです!

フグの帽子をとったら、美男子

さかなクン 2

Photo by https://www.facebook.com

さかなクン 4

Photo by https://www.facebook.com

意外と知られていないのが、帽子をとるとイケメンなところです。私も、これを見るまでは、気付きませんでした。

さかなクンを見ていると、自然と元気が沸いてくる不思議な人でした。

記事を最後まで読んでくださり、ありがとうギョざいました~~~(^o^)/!!!

さかなクン

1975年(昭和50年)東京都に生まれる。日本の魚類学者、タレント、イラストレーター。

東京海洋大学名誉博士 環境省 地球いきもの応援団

公式サイト sakanakun.com

SNS Facebook

▼さかなクン・魚書籍

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    びっくりした

    • ぎゅっとるぼん より:

      驚いてもらって、うれしいです。

      コメントいただき、誠にありがとうございます。

コメントを残す