ちくわに命が吹き込まれたら・・・。「ちくわのわーさん」

シェアする

ちくわのわーさん 表紙

スポンサーリンク

ナンセンス絵本

ちくわのわーさん 見開き 1

ふわーっく しょーん! 「なんか こそばゆいと おもったら、はいるなら ひとこと いってちょうだいね」

ちくわのわーさんが行く先々で出会う出来事を描いたナンセンス絵本です。全て、ちくわの「わーさん」の形が引き起こす事件になっています。

たとえば、昼寝している「わーさん」の中に、昼寝の犬とかくれんぼのねずみが入ってきました。ふぁーっくしょーん!こそばゆくて吐き出してしまいます。

次の場面では、スパゲティとマカロニの兄弟と遭遇。マカロニと「わーさん」は形が似ていて、口笛が上手です。

ちくわのドタバタコメディ

ちくわのわーさん 見開き 2

さきを いそいでいると むこうのほうを ドーナッツが ころころころ。「あんな ふうに まるうなったら ころころ らくちん やろうなあ」

マカロニ、スパゲティー、ドーナッツ」などが登場して、巻き起こるドタバタコメディが面白いです。

ちくわの「わーさん」はいろいろ道草したので、日が暮れてしまいました。たどり着いた家の戸を開けるとそこには・・・。

絵本を読んだ人の感想

著者紹介

岡田 よしたか

© 2016 Kumon Institute of Education Co. 引用 http://mi-te.kumon.ne.jp

著 岡田 よしたか

1956年、大阪府生まれ。愛知県立芸術大学・油画科卒業。

地球儀など教材玩具のメーカーや共同保育所に勤務しながら、個展やグループ展を重ね、自費制作による画集も出版。

mi-te.kumon.絵本作家インタビューより一部引用

岡田 よしたか (著) ブロンズ新社

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す