絵本

「おふとんかけたら」「おしくら・まんじゅう」 2冊 著:かがくい ひろし【感想・あらすじ】

おふとん かけたら 表紙

 

リズム絵本

おふとん かけたら 1

 

「たこさん たこさん おふとんかけたら」 「くーーるくる」 「ソフトさん ソフトさん おふとん かけたら」 「とーーろとろ」

 

たこさん、ソフトさん、ありさんなど・・。ふとんをかけたらどうなるのかなぁ。めくって楽しい絵本。

 

持ち運びに便利

おふとん かけたら 2

 

テンポよく読み進めることができるので、短い時間で楽しませるのに便利な絵本になっています。

 

車の中、寝る前、トイレなどで子供がぐずった時などにオススメの絵本になっています。

 

大きさもDVDケースぐらいなので、持ち運びにも便利なサイズです。

 

対象年齢 1歳ぐらいから3歳の子が楽しめる

文字が少なくリズミカルに読めるので、字を覚えたての子にもオススメ。

しかも繰り返し読めるので、子供が一人で読むにも最適な絵本です。

 

裏表紙にキリンさんが長いふとんで寝ているので、チェックしてみてください!!

 

絵本を読んだ人の感想

 

おしくら・まんじゅう

おしくら・まんじゅう 表紙

 

のまんじゅうがおしくらまんじゅう。さてさて、おしたらどうなるのかなぁ。

 

本物みたいでかわいいキャラクター

おしくら・まんじゅう 1

 

登場するキャラクターの色が色鉛筆とクレヨンで描かれていて、モチモチしたような質感を感じさせてくれるのが魅力的です。

 

それと、やさしい気持ちが絵から伝わってくるのが癒されるポイントです。

 

文章のリズムが良くて飽きない

おしくら・まんじゅう 2

 

かがくいひろしさんの絵本の文書はとても「リズム♪よく読めて、覚えやすい」です。

 

しかも歌のような文章なので、子供と一緒に歌いながら読んでもいいかもしれません。何回読んでも、飽きないので楽しいですよ。

 

「そーれ ♪おしくら こん にゃく」

「おされて ふん おされて ふん ふん ふん ふん おされてーーー」

「ぷるるるーーん わおーっ はねたー」

 

皆さんもぜひ、一緒に歌いながら読み聞かせしてみてください!

 

絵本を読んだ人の感想

 

著者紹介

かがくい ひろし

© Rakuten, Inc. 引用 http://books.rakuten.co.jp

 

かがくい ひろし(加岳井 広)

1955年、東京生まれ。1980年東京学芸大学教育学部美術学科卒業後、学校勤務のかたわら、人形劇の活動や紙を使った造形作品の制作、発表を行う。 第13回紙わざ大賞展準大賞受賞。第26回講談社絵本新人賞佳作受賞、『おもちのきもち』で第27回講談社絵本新人賞を受賞し、 50歳で絵本作家としてデビュー。

楽天ブックス 著者インタビューより一部引用

 

 

ABOUT ME
eにんじん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。老人ホームで、読み聞かせのボランティアをやっていました。現在は、横須賀で情報を発信しています。企画、デザインも考えています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください