泣ける絵本

女の子と龍の絆を描いた絵本!? 「さくらいろのりゅう」【感想・あらすじ】

 

あらすじ

村の人たちから、「役に立たない小石のようだ」と言われた「コイシ」という娘がいました。

 

ある日、山へ行くと綺麗な泉がありました。水面を覗き込んでみると、なんと「りゅう」が出てきました。

 

初めてできた、友達は「りゅう」でした。

 

コイシは めを まるくして いいました。「なんて きれいなりゅう!」そして りゅうのはなさきを そっと なでました。りゅうは めを まるくして、コイシを みつめました。

 

友達がだれもいなかった「コイシ」にとって、初めての友達は「りゅう」だったのです。

 

 

あるひ、コイシは はまべで ひろったかいを てのひらに のせて いいました。「りゅうに あげる」すると、りゅうが じぶんのうろこを とって、コイシに さしだしました。

 

「くれるの?」コイシは ききました。 りゅうの あおいうろこと コイシの さくらいろのかいは とてもよくにていました。

 

しかし、「コイシ」が「りゅう」にあっていることが村の人にバレてしまいます。すると村の人たちは、「コイシ、りゅうをよべ!」と言い寄ってきます。

 

コイシ」と「りゅう」に待ち受けている物とは・・・。

 

絵本を読んだ人の感想

 

 

著者紹介 町田 尚子

%e7%94%ba%e7%94%b0%e5%b0%9a%e5%ad%90

Copyright ©2000 TOHAN CORPORATION. 引用 http://www1.e-hon.ne.jp

 

いぬかき日記

http://shirakipippi.seesaa.net

NaokoMachidaWeb

http://www.d7.dion.ne.jp

SNS

Twitter

 

 

町田 尚子 (著) アリス館

 

→猫が好きな人間はハマル!?ネコの本性が垣間見れる【リアル猫絵本】「ネコヅメのよる」【感想・あらすじ】

ABOUT ME
eにんじん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。老人ホームで、読み聞かせのボランティアをやっていました。現在は、横須賀で情報を発信しています。企画、デザインも考えています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください