読むと、心が温まる絵本! 「イグナツとちょうちょ」 チェコの絵本

シェアする

%e3%82%a4%e3%82%b0%e3%83%8a%e3%83%84%e3%81%a8%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%a1%e3%82%87-%e8%a1%a8%e7%b4%99

スポンサーリンク

自転車が大好きなイグナツ

絵本作家 荒井良二さんが初めての翻訳に挑戦した絵本を紹介します。

自転車に乗ることが大好きな「イグナツ」という人物がいました。

%e3%82%a4%e3%82%b0%e3%83%8a%e3%83%84%e3%81%a8%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%a1%e3%82%87-%e8%a6%8b%e9%96%8b%e3%81%8d-0

子どもたちは、「イグナツ」のことが大好きです。こっそり、家を抜け出して自転車の曲乗りを見に出かけました。

%e3%82%a4%e3%82%b0%e3%83%8a%e3%83%84%e3%81%a8%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%a1%e3%82%87-%e8%a6%8b%e9%96%8b%e3%81%8d-1

みんなはイグナツのように 上手に 自転車の曲乗りが できるようになれたらなあと思っていました。子どもたちは、いつかみんなで 子ども自転車サーカスを作りたいと 夢見ていました。

美しいちょうちょを捕まえろ!?

そんなある日、彼が住んでいる街で「ちょうちょ」が大好きな大金持ちがいました。

その大金持ちが「ちょうちょをつかまえたらごほうびをやる!」と言い出して、街の大人たちは大騒ぎになります・・・。

%e3%82%a4%e3%82%b0%e3%83%8a%e3%83%84%e3%81%a8%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%a1%e3%82%87-%e8%a6%8b%e9%96%8b%e3%81%8d-2

「私の生きてきた中で、こんなに 美しいちょうちょは見たことがない」と彼は叫び、虫取り網を持って植木の中に 走りこみました。ちょうちょは 大金持ちに気づいて 庭の門の方へ 逃げていきました。

町の人は、「ちょうちょ」を捕まえることで頭がいっぱいです。「どこだー どこだー」と町中パニックになってしまいます。

%e3%82%a4%e3%82%b0%e3%83%8a%e3%83%84%e3%81%a8%e3%81%a1%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%a1%e3%82%87-%e8%a6%8b%e9%96%8b%e3%81%8d-3

イグナツ」は危ない目にあっている「ちょうちょ」を見て、自転車に飛び乗り、助けにいきます。

美しい「ちょうちょ」はどうなってしまうのでしょうか?

チェコの絵本「ちびとらちゃん」 勇気がわいてくる物語
© Josef Paleček 協力 アットアームズ あらすじ あるところに、「ちびとらちゃん」という、臆病...

著者紹介 スイス人×チェコ人作家

著 クラウス・ボーン

スイスの作家

ヨゼフ・パレチェク

© Josef Paleček 協力 アットアームズ

絵 ヨゼフ・パレチェク

1932年2月25日チェコスロヴァキアのイフラバに生まれる。1960年よりフリーの画家・イラストレーターとして活動する。

クラウス・ボーン (著), 森下 訓子 (編集), ヨゼフ・パレチェク (イラスト), 荒井 良二 (翻訳) プロジェクトアノ

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す