動物絵本

酉年に、鳥の絵本シリーズはいかがでしょうか?

 

みなさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

2017年は酉年です。そこで、今回は「おすすめの鳥の絵本」を紹介したいと思います。

 

鳥に興味ある方は、ぜひ、読んでみてください。

 

10このちいさなおもちゃのあひる

 

ある日、海の真ん中で、「おもちゃのあひる」が船から落ちてしまいます。10個のあひるは、それぞれ、いろいろな冒険をします。

 

最後のページには、あひるの鳴き声の音が鳴るしかけされています。

 

 

1番目の「おもちゃのあひる」は、イルカと出会います。2番目の「おもちゃのあひる」は、アザラシと出会います。

 

「プカプカ」とゆられて、「おもちゃのあひる」はどんな動物と出会っていくのでしょうか?

 

エリック・カールが手掛けた、あひるの絵本です。

 

でんごんでーす (講談社の翻訳絵本)

アメリカのベストセラー作家、マック・バーネットが手がけた、ユーモアたっぷりの絵本です。

 

ある日、お母さん鳥が「そろそろ ばんごはんだから かえっておいで」と、ピーターに伝言を送りました。

 

しかし、次から次へと鳥たちが伝えていくのは、自分勝手で分けの分からない内容ばかりでした。

 

ピーターは、夜ごはんの時間に、間に合うことができるのでしょうか?。「伝言ゲーム」をテーマにした絵本なので、実際に伝言遊びをしてみてください!!

 

もしかしたら、間違ったことが伝わってしまうかもしれません。

 

はじめはタマゴ

始まりは、「タマゴが先か、ニワトリが先か」で一度は、悩んでしまうことはありませんか?

 

その疑問に答えてくれる絵本がこちらの、「はじめはタマゴ」です。始めはタマゴ、オタマジャクシ、種などからどんなものに、変化するかを表現してくれています。

 

どっちが始まりで、終わりなのか・・・。そして、最後は・・・。何に変化するのでしょうか?

 

ABOUT ME
eにんじん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。老人ホームで、読み聞かせのボランティアをやっていました。現在は、横須賀で情報を発信しています。企画、デザインも考えています。
関連記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください