長新太ワールド全開!?これぞ、ナンセンス絵本! 「みみずのオッサン」

シェアする

スポンサーリンク

あらすじ

ある日、「オッサン」という名前のみみずが散歩に出かけました。そうしたら、ドシーンと何かが落ちてきました。落ちてきたのは、「ヌルヌルベトベト」・・・。

ピンク色の「ヌルヌルベトベト」は不思議な物体!?みみずの「オッサン」と共に巻き起こる不思議な世界!?

たいへんだ、たいへんだ! ぺんきをつくるこうじょうが ばくはつしたんだ。ドロドロドロ~

カラフルな色と、ピンク色の「ヌルヌルベトベト」は、どんどん人や、車などを巻き込んでいきます。

おかあさんが つぶされてしまった。「キャーッ、たすけてー、でも きれいな いろねえ」ドロドロドロ

「ペンキを作る工場」や「絵具の工場」が爆発して、さぁ大変!?ピンク色の「ヌルヌルベトベト」はいろんな物に、ヌルヌル&ベトベトします。

どんなものに、変化したり、どんな色に変化するのかなぁ?大人には分からない長新太ワールド全開でお届けします。

みみずの「オッサン」のナンセンス絵本をお楽しみください!?

絵本を読んだ人の感想

著者紹介

著 長 新太

1927年東京都生まれ。

長 新太 (著) 童心社

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。
スポンサーリンク
アーカイブ
follow us in feedly

シェアする

スポンサーリンク

コメントを残す