動く彫刻!?金魚のモビールの作り方を紹介!

タリーズ 6 26 表紙

雨こそ降らねど、曇り空。レギュラーの3人と、もうじき3歳のIくんが参加してくださいました。

スポンサーリンク

読み聞かせ&こうさくあそび

タリーズ 横須賀中央 読み聞かせ 6月26日開催しました。今回は、「モビール 金トト」を作りました。

前回はこちら

→昆虫クラフト、はらぺこイモムシくんの作り方を紹介!

▼読み聞かせした絵本

『ぐるぐるジュース』矢野 アケミ (著) アリス館

『いるよね~! こんな こ―イヤイヤ! ブブタの』たかい よしかず (著, イラスト), 宮里 暁美 (監修) 主婦の友社

『みずたまもようになったぞう』あきやま かぜさぶろう (著), アキヤマ ヒカル (著) 白泉社

『みんな でんしゃ』薫くみこ (著), かとうようこ (絵) ひさかたチャイルドの4冊を読み聞かせしました。

「モビール 金トト」の材料と作り方

  1. 厚紙、色画用紙
  2. ビーズ
  3. シール
  4. 両面テープ

作り方

厚紙は、水面を見立てて、細長く切り取る。長短2枚用意します。色画用紙は、金魚の形、スイレンの形に、2枚合わせに切り取る。

タリーズ 6 26 3

その真ん中に、両面テープを貼る。ビーズも、両端テープをつける( 後で、バランスをとりやすいから )。

タリーズ 6 26 4

水面の厚紙の両端近くに、それぞれ穴を開け、糸を通し、垂らす。片方は、垂らした糸に、更に、水面の厚紙を結び、その両端にも糸を垂らす。

タリーズ 6 26 5

3本の垂れた糸に、シールを貼った金魚、ビーズ、葉っぱを、くっつける。→ 出来上がり!

夏らしいモビールです。キラキラのビーズの間に金魚がユラユラ!

モビールは、傾いたら金魚やビーズ、葉っぱを あっちへ、こっちへとくっつけて、バランスを 整えていけばOK!糸を結ぶのは難易度が高いものでした。

タリーズでの一コマ

ぬり絵では、さまざまな個性が発揮されます。色使いのバランスを考えながら塗っていくRちゃん。

選んだ色を細かく丁寧に塗ろうと、頑張るRくん。大胆に力強く描くIくん。黒色にはまっているNちゃん。

タリーズ 6 26 1

黒色ばかり塗りたがる時期があります。それは、成長の現れなのではないでしょうか。「色」の持つ「意味」への認識のギャップが生じている時期なのでは?

タリーズ 6 26

生まれてから強烈に飛び込んできていた「色」は、驚きと喜びでいっぱいだったでしょう。ところが、今度は、自分の気持ちを反映させたりする要素が「色」にあることに気づき始める。

タリーズ 6 26 2

そのような時期にある、という表現が黒色なのではないかと思います。3歳後半に なると、多くのお子さんが「黒色好き」になります。

そして、その後、新たな色彩の世界に成長していきます。「黒色好き」は、心配ご無用!

3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。
誰かの心に響く絵本が好きです。
癒される情報やグッズを制作して、誰かの手助けになればうれしいです。

スポンサーリンク