ダジャレ・しりとり絵本

誰も知らなかった、東京タワーの物語!?「こんなことがあっタワー」【感想・あらすじ】

 

あなたは、東京タワーをご存知ですか?今では、東京スカイツリーが、有名ですが。昔は、東京タワーが有名だったんだよ。

 

そんな東京タワーの「こんなことがあっタワー」のお話です。

こんなことがあっタワー

ページを縦型にめくると、タワーのダジャレが連発します。

 

 

でも あるひ タワーは いっタワー 「もう ずっと いっしょで あきタワー」

 

真っ赤な「東京タワー」が、次々とダジャレを連発していきます。どんな展開になっていくかが、予測できないのでビックリします。

 

絵本を読み進めると、リズムよく読めるので楽しいです。「~タワー」というテンポで、お話が展開していきます。いっしょに、このテンポで声に出して、読み聞かせするのもおすすめです。

 

「東京タワー」が懐かしく感じる人や、スカイツリーも登場するので。昔の人も、今の子たちにも、ハマる内容になっています。

 

特に、この絵本は昭和世代の方におすすめです。東京タワーに馴染みのある人や行ったことがある人など。

 

思入れのある人にとっては、たまらない一冊です。キャラクターとしても、赤くてかわいいのが素敵なポイントです。

 

著者紹介

著 丸山 誠司

1968年岐阜県生まれ。愛知県育ち。大阪府立大学経済学部、MASA MODE ACADEMY OF ART卒業。

 

 

丸山 誠司 (著) えほんの杜

ABOUT ME
eにんじん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。老人ホームで、読み聞かせのボランティアをやっていました。現在は、横須賀で情報を発信しています。企画、デザインも考えています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください