深夜開店!モンスター限定の床屋さん。「ぼくはモンスターのとこやさん」【感想・あらすじ】

ぼくはモンスターのとこやさん 表紙

スポンサーリンク

あらすじ

床屋の息子が家を抜け出し、深夜お父さんのお店で夜な夜な営業開始。

訪れるのはモンスターばかり、「カットが簡単なお客さん、大変なお客さん、色んなお客さん」が来店します。

そこへ、一人の人間の男性が来店します。

深夜の世界には不思議がある

ぼくはモンスターのとこやさん 見開き 1

Copyright © 2010 by Matthew McElligott

カットが かんたんな おきゃくさんも いれば、ちょっと たいへんな おきゃくさんも いる。

子供にとって、深夜は怖くて、ドキドキして妄想が膨らむものです。

作者のマシュー・マケリゴットさんは、その妄想を「床屋さん×モンスター」という掛け合わせで表現してくれました。

深夜の床屋さんにくるお客さんが「モンスターだったら?」と考えるだけでワクワクします。どんなモンスターが来るんだろう。

いろんなモンスターのお客さん

  • 頭に一本毛が生えている一つ目
  • 毛むくじゃらのモンスター
  • フランケンシュタインなど。

その特徴に合わせて散髪するとこは、可愛くて面白いです。

床屋のアイテムのネーミングも手が込んでる

お出かけセット

Copyright © いらすとや

少年が開店準備で出してきたのは

  • でろでろトニック
  • くさくさワックス
  • げんろげろシャンプー

など、色んなモンスターの髪型に合わせられるようなものが沢山出てきます。絵本の見返し部分も要チェックです!

子供の散髪が楽しい時間に変わるかも

子供の髪を切るときに

「モンスターうちに来るかな?」この絵本の話をしながら髪の毛を切っていけば、散髪嫌いな子でも好きになるかもしれません。

子供にとって楽しくない・嫌いな体験を、楽しい情報・体験とくっつけることで、楽しい・好きなものに変わったりします。

是非、楽しい時間にしてください。

→巨大アフロの中には・・・。「こんもりくん」 著:山西 ゲンイチ【感想・あらすじ】

著者紹介 アメリカ人作家

作 マシュー・マケリゴット

ニューヨークのアルバニー郊外で育ち。アルフレッド大学に通った。

イラストレーター モンスターズ・インクのようなサイトになっています。小学校を訪問したり、いろんな活動をしています。

公式サイト matthewmcelligott.com

心温まるお話、ナンセンス絵本が好きです。
サイト運営・記事執筆を担当しています。
一コマ漫画、イラストも描いているので、当サイトでも織り交ぜようと思っています。

スポンサーリンク