ダジャレ・しりとり絵本

「サカサかぞくのだんなキスがスキなんだ」 著:宮西 達也【感想・あらすじ】

サカサかぞくのだんなキスがスキなんだ

サカサかぞくのだんなキスがスキなんだ あらすじ

うちゅうじだいのだいかぞく。いなくなったじいじをさがして「よしっいくぞ、かぞくいっしょ」とロケットが、たったいままいたった。しかし、そんなかぞくに、うそお、ききおそう。上から読んでも下から読んでも楽しい、すべて回文でつくった回文絵本第2弾。

 

「さらわれたおじいちゃん(じいじ)」を、救出するために家族で宇宙へと出発します。

 

回文の表現がユニーク

サカサかぞくのだんなキスがスキなんだ 2

 

あらゆるところで回文にしてあり、作者の発想に驚かされます。しかも、回文なのに状況をちゃんと表現しているところが、読んでいて楽しいです。

 

簡単な文から、逆さまにできることを考えて言ってみると、言いやすいかも!頭の体操にもなるので、子供と一緒に音読しながら読んでみるもの楽しいですよ。

 

登場するすべての言葉が回文で出来ています。

  • 擬音の「ピカピカピ」「ガラガラガ」
  • 登場する家族の名前も、「ママ」「パパ」「あにのニア」「おれはレオ」
  • 状況を表現する言葉も、「たけやぶやけた」「いかすかい?」

 

回文になるように一緒に考えたり、回文でこどもと一緒に会話をして遊ぶのに、おすすめの絵本です。

 

大人でも楽しめます。回文は頭を使うので、アイディアなど発想力を付けるのに良いかもしれません。

 

対象年齢:幼稚園児ぐらいから楽しめます

いろんな言葉を覚えて、使い始める幼稚園児ぐらいから楽しめるようになっています。

 

読者からのアイディアを取り入れている

あとがきで、この絵本を製作するときに読者の方からの回文のアイディアも取り入れて、製作したそうです。

 

作者からのコメント

作者は「サカサ版スターウォーズを楽しんでください」とおっしゃっています。読者のアイディアを取り入れる、作者のやさしさも素晴らしいと感じました。

 

絵本を読んだ人の感想

 

著者紹介

宮西 達也

© 2008 FELISSIMO 引用 http://www.kobegakkou-blog.com

 

絵本作家 宮西 達也

1956年静岡県生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒業。「きょうはなんてうんがいいんだろう」(鈴木出版刊)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。「パパはウルトラセブン」(学研刊)などでけんぶち絵本の里大賞を受賞。「おとうさんはウルトラマン」(学研刊)などの作品がある。

 

宮西 達也 (著) ほるぷ出版
ABOUT ME
eにんじん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。老人ホームで、読み聞かせのボランティアをやっていました。現在は、横須賀で情報を発信しています。企画、デザインも考えています。
関連記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください