絵本

「エロイーサと虫たち」 作:ハイロ・ブイトラゴ 絵:ラファエル・ジョクテング

エロイーサと虫たち 表紙

 

人見知りを克服する絵本

エロイーサと虫たち 1

 

とおい町にひっこしてきた父と娘の親子。学校や町ではだれともしゃべれなかった女の子が成長してく物語。

 

人付き合いが苦手な人におすすめ

エロイーサと虫たち イラスト

 

主人公の女の子が新しい街に引っ越してきて、人付き合いが始まります。

 

その中で、うまく話しかけられない友達や先生を虫に見えている状況として表現しているのが、とてもユニークでおもしろいです。

 

主人公の女の子が、いろんな環境で慣れていきながら強く生きていく姿に、勇気をもらえる内容になっています。

 

この絵本をきっかけに、相手を虫だと思うぐらいの気持ちで接するといいかもしれません。

 

人と接する勇気が持てない子に、コミュニケーションの大切さを教えてあげられます。

 

昆虫がとてもリアル

 

芋虫電車やカブトムシバスなどあらゆるものが昆虫の世界観になっています。だけど、女の子が成長した時どんな世界が広がるのでしょうか?

 

見返し部分をチェック!

この絵本の見返し部分に、インスタントカメラで撮影した写真を机に散りばめたイラストが描かれているのですが。

 

それが「女の子の人生のアルバム」のように描かれています。そこの部分もぜひ、チェックしてみてください。

 

絵本を読んだ人の感想

 

著者紹介 コロンビア人×ペルー人作家

ハイロ・ブイトラゴ

引用 http://pesquisas9b2013.blogspot.jp/

 

作 ハイロ・ブイトラゴ

コロンビアのボコタ生まれ。児童文学作家 イラストレーター

 

 

絵 ラファエル・ジョクテング

ペルーの作家、イラストレーター

 

 ハイロ ブイトラゴ (著), ラファエル ジョクテング (イラスト), 宇野 和美 (翻訳) さ・え・ら書房

ABOUT ME
eにんじん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。老人ホームで、読み聞かせのボランティアをやっていました。現在は、横須賀で情報を発信しています。企画、デザインも考えています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください