異世界・ファンタジー絵本

巨人の足跡に、ご注意ください!「でっこりぼっこり」 著:高畠 那生【感想・あらすじ】

でっこり ぼっこり 表紙

 

巨人の足の絵本

巨大人(きょだいじん)の足跡が生んだお話です。街に突然、巨大人が現れ、大きな足跡がいくつもあいてしまいました。

 

水が溜まればプールができ、5本指のくぼみにドアを付けてトイレに、逃げ出さないように「にわとり」を飼い、どうしようもない所は埋めました。

 

でっこり ぼっこり 見開き 1

 

あるひ、きょだいじんが マラソンを はじめました。 なにしろ きょだいですから ぼっこり あなが あいてしまいましてね。

 

でっこり ぼっこり 見開き 2

 

ぼっこり へこんだ あしあとに みずがたまれば そこは プールになるわけでして・・・

 

へこむ所があれば、出っ張る所が生まれます。ちょうど、地球の裏側では足跡の出っ張りができていたのです。

 

maja7777 / Pixabay

 

この発想は、子供にハマル内容だと思います。巨大人は地球を半分回って、走っていきます。その結果、大変なことが起こってしまいます。

 

子供は誰しも、ぬかるんだ泥道や、雪道の足跡をたどったり、踏みつけたりした経験をもっています。

 

そうした体験を、思い出すのはいかがでしょうか?

 

→巨大な赤ちゃんが登場する絵本!「おおきなわんぱくぼうや」 著:ケビン·ホークス【感想・あらすじ】

 

読んだ時の子どもの反応は

 

 

 

著者紹介

高畠 那生

© TAKABATAKE,Nao 引用 https://www.facebook.com

 

高畠 那生

HP washizukami.com

SNS Twitter Facebook

 

 

高畠 那生 (著) 絵本館

ABOUT ME
eにんじん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。老人ホームで、読み聞かせのボランティアをやっていました。現在は、横須賀で情報を発信しています。企画、デザインも考えています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください