絵本

もしも、うなぎの匂いに値段がついたら?「なべぶぎょういっけんらくちゃく」【感想・あらすじ】

なべぶぎょういっけんらくちゃく

とある江戸の町に、頭が鍋の奉行がいました。この「鍋奉行」は、あらゆる事件や悩み事を、解決してくれます。そんな「鍋奉行」のもとには、いろんな悩みをもった人が訪れます。

 

 

「そうだ。うなぎの あつい けむりに、このもちを かざせば、かたい もちも やわらかくなり、おまけに こうばしい においも しみつくぞ。一石二鳥だ」

 

誰もが、「鍋奉行」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。その「鍋奉行」を、擬人化してしまうとは、恐れ入る発想です。

 

しかし、擬人化してみると。「まぁ可愛い~やらなんとやら」です。

 

鰻の匂いのお値段は・・・?

 

ぐつぐつぐつぐつ どうする? どうなる? こうする? ああする? そうする? ぶつぶつぶつぶつ

 

とんでもない問題が、「鍋奉行」のところに舞い込んできます。鰻の匂いに値段がつくのか?つかないのか?

 

鍋奉行」の出した「あつあつ」の答えとは・・・。誰もが納得する、答えでした。

 

絵本を読んだ人の感想

 

著者紹介

著 穂高 順也

1969年、愛知県生まれ。立原えりか、小沢正氏に師事する。

 

絵 亀澤 裕也

1981年、兵庫県出身。

 

 

穂高 順也 (著), 亀澤 裕也 (イラスト) あかね書房

ABOUT ME
eにんじん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。老人ホームで、読み聞かせのボランティアをやっていました。現在は、横須賀で情報を発信しています。企画、デザインも考えています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください