乗り物絵本

「はやくはやくっていわないで」 作:益田ミリ 絵:平澤一平【感想・あらすじ】

はやくはやくっていわないで 表紙

 

焦らないことを教えてくれる絵本

はやくはやくっていわないで1

 

船くん(注:絵本では名前はありませんので仮の名前です。)が海を渡ります。その時いろんな声が聞こえてきます。

 

苦しいこと、せかされること、緊張することなど、いろんな気持ちを教えてくれます。せかされる時代に、必要なメッセージが込められた絵本です。

 

読むと、ゆったりした気分になれる!

「ひとつ ひとつ じゅんばん ちがう」「ぐずぐずしてる きゅうけいしてる」

「じーっとしてる」「どうして いそぐ いそいで どこいく」

「くらべられると どきどきする どきどきすると どうなるの」

「どきどきすると ひんやりする」

 

自分の心に問いかけるように読み聞かせてくれる文章なので、自問自答するようにリラックスしながら読める。

 

だから、ゆったりした気分になっていくのが分かります。

 

自分の中にある、比べている自分・焦っている自分・悩んでいる自分を気づかせてくれる絵本だと感じました。

 

親も子供も一緒に、考えさせられる内容です。

 

せかされる現代にこそマイペースに生きる!

はやくはやくっていわないで2

 

「急いで・すぐ着替えて・早く食べて・おいてくよ・帰っちゃうよ」

 

こういう言葉を何度も言っている気がしませんか。親には親の都合があります、だけど子供にも子供の都合があることを理解してあげましょう。

 

親だけのルールで縛りつけてはいけないことをこの絵本から、学べますよ。

 

焦ったり、何かをこなさないといけないと思い込むのを止めてみましょう。

 

あわせて読みたい
かあさん、わたしのことすき? 表紙
愛情表現が苦手な方に、おすすめの絵本!「かあさん、わたしのことすき?」【感想・あらすじ】 愛情が伝わる絵本 イヌイットの女の子がお母さんに「かあさん、わたしのことすき?」と何度も問いかけます。 母親の娘に対する...

 

まとめ&感想

Alexas_Fotos / Pixabay

 

(何時に食べさせて、何時に寝かせるなど)しなければいけないことがあるのは分かりますが、自分も縛られて子供も縛っても良いことはありません。

 

「~すべき」とか「~じゃなきゃダメ」など。義務感・背負い込む癖で行動するのを手放してみましょう。

 

以外に、どうにでもなれとか。あきらめるという意識が大切な時もあります。

 

ちょっとしたことだけど、今までのルールを少し変えてみることで、子供の時間を増やしてみてはいかがでしょうか?自分の時間もゆったりするかもしれません。

 

絵本を読んだ人の感想

 

 

著者紹介

平澤一平

© 2009-2015 MISHIMASHA Publishing Co. 引用

 

イラストレーター 平澤一平

SNS Facebook

 

プロフィール

秋田生まれ。中央美術学園卒。木彫り作品を主体とするイラストレーター。 東京ガスカレンダーコンペグランプリ受賞。第1回TIS公募大賞受賞。 第9回イラストレーション誌チョイス大賞にて大賞受賞。

mishimaga.comより引用

 

益田ミリ (著), 平澤一平 (イラスト) ミシマ社

ABOUT ME
eにんじん
3兄弟の末っ子でイラスト・記事執筆を担当しています。老人ホームで、読み聞かせのボランティアをやっていました。現在は、横須賀で情報を発信しています。企画、デザインも考えています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください